薬局・薬剤師

Mr.Tの偽造処方箋体験談と一連の対処法についてまとめてみた

2021/3/20(土)

 

 
こんにちは。Mr.Tです。
今回はMr.Tの偽造処方箋体験談と一連の対処法です。

偽造処方箋。

以前に偽造処方箋の見分け方についての記事を書きました

【偽造処方箋】あなたは見破れる? 偽造処方箋の見分け方について
【偽造処方箋】あなたは見破れる? 偽造処方箋の見分け方について

続きを見る

 

この記事の元になった体験談を今回は詳細に説明したいと思います。

 

~受付から報告までの流れ~

  1. おかしいと思ったらすぐに調剤しない 
  2. 病院に疑義照会をして確認
  3. 上司に報告、指示を仰ぐ
  4. 近隣店舗に情報共有をする
  5. 市の薬剤師会に報告
  6. 保健所に報告
  7. 県の薬剤師会に報告、書類を作成
  8. 警察に報告
  9. 偽造処方箋を持ってきた患者に連絡
  10. 報告書を作成

 

1.おかしいと思ったらすぐに調剤しない

夜間に処方箋を持って患者が来局(代理)。

処方内容は血圧、糖尿病などの内科の薬とベンゾジアゼピン系の睡眠薬。

処方箋には保険の記載があったが、患者からは自費で調剤してほしいとのこと。

この時点で「おや?」と思う。

新患で在庫が無かったため、

「薬がそろったら電話をする」

と言って一度患者を返す。

近隣のクリニックからの処方箋だったので、正規の処方箋と照らし合わせてみると

  • 処方医の押印の色が違う
  • 処方箋を切ったあとらしきものがある

ということでこの日は保留。

夜間で疑義照会できなかったので。  

 

2.病院に疑義照会をして確認

翌日、スタッフに情報共有をし、クリニックに直接出向いて処方箋を確認してもらった。

クリニックの事務:「あ、これコピーですね…門前薬局でも同じことがあったので…」

との回答。

門前薬局に確認し、調剤は門前薬局で完了したことを確認。

処方箋の原本も門前薬局で保管していることを確認。

「はい、クロ確定―!!!」

ってことで薬局に戻って偽造処方箋の後処理開始。    

 

3.上司に報告、指示を仰ぐ

調剤はしていないが、偽造処方箋を受け取ってしまった旨を上司に報告。

報告しようとしたが、こういう時に限って上司が休み。

連絡取れず。

仕方がないから隣のエリアの以前までお世話になっていた上司に指示を仰ぐ。

さらに上の上司、部長クラスまで情報が伝えられ、指示を待つ。

こんな緊急事態の時に直属の上司が使えない…    

 

4.近隣店舗に情報共有をする

上司の指示で近隣店舗に偽造処方箋の件のついて、情報共有としてメールを送る。

クリニック名、患者名、処方内容などを記載して送信。  

後で注意されたが、個人情報でもあるので名前はフルネームで記載しない方がいいとのこと。

例えばMr.TだったらMr.〇とかで隠す。

 

5.市の薬剤師会に報告

上司の指示で市の薬剤師会にも報告しろとのこと。

すぐに薬剤師会の会長に電話。

優しい方で、人あたりもいい方なんですが、

緊張…

そりゃあ、こんな状況で一番偉い人に電話するんだから緊張するのは当たり前だわ。

詳細を話すとすぐに薬剤師会に入っている薬局に情報共有のメールが送られた。

先ほどのMr.Tのミス、「フルネームで記載してはいけない」のルールもしっかりと守られている。

さすが、会長…
自分との経験の差がありすぎる…

反省。    

 

6.保健所に報告

上司の指示で市の保健所にも報告しろとのこと。

担当者は偽造処方箋を経験したことがなかったのか、なんか頼りない印象。

細かい状況、対応を聞かれる。

睡眠薬が処方されていることにすごく引っかかっていた。

偽造処方箋の事件では睡眠薬関連の報告が多く、事件にも発展してるので。

睡眠薬は処方制限があり、大量に貰うことができない。

転売する輩もいれば、他人に飲ませてイケナイことをする輩もいるのでピリピリするのです。

警察には特に連絡しなくてもいいと言われたが、電話を切ってから10分後に再度電話がかかってきて、

「やっぱり、警察にも連絡してください!!!」

とのこと。

県の薬剤師会にも連絡するように指示を受けた。  

 

7.県の薬剤師会に報告、書類を作成

保健所の指示により、県の薬剤師会に報告。

電話で済ませようとしたら文書をまとめてFAXを送れとのこと。

面倒くさい。

あちらから用紙をFAXで送ってもらい、記入して送り返す。      

 

8.警察に報告

保健所の指示により、警察に報告。

今回は調剤をしていなく、被害にあったわけではないので警察に連絡は不要だとの上司からの指示だったが、保健所から言われたのであればしょうがない。

やはり睡眠薬が処方されていたのが引っかかっているらしい。

また同じことを警察にも報告。

「何度も何度も何回目だよ同じこと説明すんの…」

しかし、自分の住所を聞かれたのが意外だった。

「情報提供者だから聞かれるのは普通だよ」

と後でみんなから言われたが、警察に電話することなんてそんなにないでしょ。

しかも自分の住所を覚えてないんですよ。

スマホ見ればわかるし。

書類に自分の住所を書くときはいつもスマホ見ながら書いてるから覚えようとしない。

そんな感じなのにいきなり自分の住所を警察から聞かれたからめちゃくちゃテンパった。

あちらからは「何だコイツ?」

と思われていたでしょうね(笑)            

 

9.偽造処方箋を持ってきた患者に連絡

当事者に直接連絡。

「コピーだと判明したので調剤できない。 処方箋をコピーすることは違法なので今度からやめてください。」

などと伝える。

電話越しでメッチャキレてる。

キレたいのはこっちだわ。

どんだけ時間食ってると思ってんだ。

言っとくけど、処方箋コピーして薬局に持っていくのは犯罪ですからね。  

 

10.報告書を作成

今までの経緯を報告書にまとめて上司に提出。  

 

その後

一日偽造処方箋の処理に追われて調剤する時間は取れなかったです。

幸い、他のスタッフがカバーしてくれたので処理に神経を注ぐことができました。

処理が終わって一段落したところで本部のお偉い方が登場。

「マジかよ…疲れてんだよこっちは…」

報告書見ながら、その場で訂正箇所を探していく。

お偉い方:「エリア名違うぞ…」

「うちの会社コロコロエリア変わるし、名前も変わるからわかんねーだよ!自分が今どこにいるのかも正直わかってねーんだよ!」

これは心の声です。

もっとマイルドに優しく伝えました(笑)

一通り終了。 お疲れさまでしたー。

ってな感じの時に直属の上司から電話。

上司:「電話くれたー?どうしたー?遅くなってゴメンねー。」

「ブチッ!」と何かキレる音がした。

こんなに一日中振り回されて、軽いノリで電話かかってきたことにもうプッツン。

「偽造処方箋が来ましたが、もうすべて解決しました。詳細は明日報告書を見てください。」

この一言で済ませました。

Mr.Tもいい大人ですからね(笑)  

 

終わりに

いかがだったでしょうか。

これがMr.Tが実際に体験した偽造処方箋です。

所々に心の声が漏れていますがそこはご勘弁を。

偽造処方箋については話は聞いていましたが、実際に出くわすとは思っていませんでした。

対処方法もわからなかったのですぐに会社のマニュアルを調べて上司(今回は隣のエリアのでしたが)に報告しました。

上司たちも偽造処方箋の対応はしたことがなく、みんなわからない状態でした。

それほどレアなケースですが、いつ偽造処方箋が来てしまうかはわかりません。

可能性はゼロではないので、一度会社や薬局のマニュアルを確認しておくことをオススメします。

とても大変で面倒だったけど、一つの経験としてはよかったのではないかと思ってます。

警察にはもう電話したくないな…
何も悪いことはしてないんですがね…

終わり。

偽造処方箋の見分け方についての記事はこちらから

【偽造処方箋】あなたは見破れる? 偽造処方箋の見分け方について
【偽造処方箋】あなたは見破れる? 偽造処方箋の見分け方について

続きを見る

 

「処方箋」の関連記事

  1. 【警察留置・処方箋】警察が薬局に処方箋を持ってきた時の対応方法について徹底解説
  2. 【公費の対応】 公費の処方箋の受付から自己負担上限額管理票の記入までを徹底解説
  3. 【生活保護・受付】 新患で生活保護の処方箋が来たらどうする?
  4. 【処方箋・略語一覧】v.d.S.? v.d.E.? 処方箋の略語を一覧にしてまとめてみた
  5. 処方箋の期限が切れたらどうする? 期限切れの処方箋の対応方法について徹底解説

 

-薬局・薬剤師
-