雑談

【M&A】大きくなるだけが正義か? 現場からみたM&Aのメリット・デメリットについて

2021/2/06(土)

 
こんにちは。Mr.Tです。
今回は現場からみたM&Aのメリット・デメリットについてです。
 

M&Aのメリット・デメリット。

近年、様々な会社が盛んにM&Aを行い、会社としての勢力を拡大させてきています。

Mr.Tの会社もそうです。

Mr.Tが入社してからも様々な会社が統合され、制度などがたくさん変わってきました。

会社が大きくなるのに不可欠になってきているのかもしれません。

あなたが聞いたことがある会社もM&Aで大きくなっているかもしれませんよ。  

今回は経営者の視点ではなく、実際に店舗で働いている現場から見たM&Aのメリット・デメリットについてお話したいと思います。

Mr.Tは経営については素人なので、はっきり言ってM&Aに関しては詳しく知りません。

あくまでも個人的な意見です。

買う側、買われる側、立場が違えば見方や感じ方は全然違います。

Mr.Tがいる会社は主に買う側だったので、今回は買う側の現場目線でお話したいと思います。

 

M&Aとは

そもそもM&Aとは何でしょうか?

M&A(エムアンドエー)とは「Mergers and Acquisitions」(合併と買収)の略で、資本の移動を伴う企業の合併と買収を指した言葉です。

狭義的な意味のM&Aにおいては、吸収合併・新設合併などの企業の「合併」と、株式譲渡、新株引受、第三者割当増資、株式交換などの手段を通じた会社・事業の「買収」を指します。広義的な意味では、事業の多角化などを目的とした資本提携(資本参加、合弁会社設立など)を含む、企業の経営戦略を指す場合もあります。

引用:M&Aとは?M&Aの目的、手法、メリットと流れ【図解付き】

他の会社を買い、会社を大きくする。

0から会社を作ったり、育てる必要がないので、時間をお金で買う感覚ですね。

 

メリット

会社が大きくなり、知名度が上がる

全国に展開されるようになり、会社の名前が大きくなりました。

地方にも展開されるようになったので、地元の知り合いからも

「大きい会社で働いているんだ」

と言われるようになりました。

売上が上がる

会社を買収したことにより、その分の売上がプラスされます。

売上が上がるにつれて会社の名前も世間に知れ渡るようになりました。

取り込んだ会社のノウハウを知ることができる

買収した会社のノウハウを知ることができ、実際に業務に活かすことができました。  

 

デメリット

売上が上がったから何?

確かに会社としての売上は上がりました。
会社の知名度も上がりました。

しかし、働いている現場からすると

「それがどうした?」

という感覚です。

給料が上がるわけでもなく、業務も複雑になるばかりです。

給料が減った

異なる会社が一緒になるので、雇用形態や給料はもちろん異なります。

Mr.Tの会社は低い方に合わせたわけですね。

本部や役員の給料は知りませんがね。

社員・店員の質が落ちた

会社が大きくなるにつれて、店舗数も当然増えます。

人不足により、レベルが低い人がしょうがなく店長や管理薬剤師などの役職につかなければならなくなりました。

部下はたまったものではありません。

役職以外の店員も同じです。

明らかに接客業に向いていない人を採用し、店自体のレベルも落ちてしまいました。

お客様の満足度調査で順位が下がってしまったことから、このことは証明されてしまいました。

レベルが低い人間にならないためにも日々、勉強は必要ですよ。

 

管理薬剤師についての記事はこちらから

【管理薬剤師】 管理薬剤師の仕事内容、メリット・デメリットについて徹底解説
【管理薬剤師】 管理薬剤師の仕事内容、メリット・デメリットについて徹底解説

続きを見る

 

教育・コーチングについての記事はこちらから

【コーチング】その教え方で本当にいいの? コーチングについてのおすすめ本3冊
【コーチング】その教え方で本当にいいの? コーチングについてのおすすめ本3冊

続きを見る

 

業務体制が変わった

業務のやり方も変えられました。

「買収したのはこちらなのに、なぜ買収された会社のやり方に合わせなければならないのか」

という不満も当然出ました。

何をやっているかわからない部署が増えた

人が多くなったので、どんどん部署が増えました。

役員などの人間は現場では使えませんし、無下に扱うことができないので、部署を増やして取り敢えず籍を置いているのです。

部署が多すぎて連携も取れていない状態です。

麻薬の廃棄届を本部に提出しましたが、昔は1週間あれば作成してもらえたものが今では1カ月半もかかるようになってしまいました。

現場には締め切り厳守と言っている割に、本部はこの体たらくです。

取り込まれた役員たちは何をしている?

名ばかりの役職を与えられているようですが、何をしているのかはさっぱりわかりません。

 

まとめ

これらが現場から見たM&Aのメリット・デメリットです。

会社は大きくなりましたが、その大きさに匹敵するような力はない状態だと思っています。

あくまで現場目線の意見ですが、M&Aが悪いと言っているわけではありません。

会社を大きくする手段としてはとても良い選択だと思います。

しかし、現場の意見を無視して会社を大きくすることだけを考えていると、おそらく会社自体が崩壊するのではないかと思います。

実際に優秀な人ほど退職しているイメージがあります。

Mr.Tの周りでも 「もうやってられない!!!」

と退職してしまった人がいます。

会社をよりよくするには「変化」が必要ですが、あまりにも急激な変化にはついていけません。

もちろん反発もあります。

変化は悪いことではありません。

むしろ必要なことだと思っています。

しかし、正直に言って、現場の意見に耳を傾けずにM&Aを積極的に進めているイメージしかありません。

未来のことだけを考え、現状をしっかりと把握できていないので、このような問題点や現場と本部の考え方や感じ方の相違が生じてしまうのではないのでしょうか?

M&Aは他人ごとではありません。

明日、突然買収されたり、買収したりするかもしれません。

その時、あなたはどう対処しますか?

 

「雑談」の関連記事

  1. 薬剤師に病名はわからない?「どうなされましたか?」と聞かれる謎について
  2. 育てても取られていく… ドラッグストアの教育の現状についての個人的見解
  3. 【小分け依頼】またかよ… 近隣薬局の小分け依頼にイライラする話
  4. 薬剤師にはバカではなれません! でも、薬学部には… Mr.Tの個人的考察
  5. 【薬剤師国家試験】記念すべき第100回! Mr.Tの薬剤師国家試験体験記

 

 

以下の記事もご覧ください。

 

 

-雑談