ゲーム・マンガ

【ビート初登場でブルースが裏切り?】ロックマン5 ブルースの罠!?のレビュー

2021/5/19(水)

 

 
こんにちは。Mr.Tです。
今回はロックマン5 ブルースの罠!?のレビューです。
 

ロックマン5 ブルースの罠!?。

1992年にFC(ファミコン)で発売された2Dアクションゲームです。

ビートの初登場、チャージショットの強化などが施されたロックマンシリーズ第5作目です。 

 

 

ロックマン5はFCで発売されましたが、様々なハードでリメイクされています。

Mr.Tは今回、Nintendo Switch「ロックマン クラシックス コレクション1」でプレイしました。

 

今回はロックマン5についてのレビュー記事です。

 

ロックマンシリーズについての記事はこちらから

ロックマン1
ロックマンの関連記事

続きを見る

 

どんなゲーム?

初リリース日:1992年
対応ハード:*FC
ジャンル:2Dアクション
発売元:カプコン
*様々なハードでリメイクあり 

 

主人公のロックマン(ロボット)が敵(ロボット)を倒して世界を救うアクションゲームです。

ビートの初登場、チャージショットの強化、隠しステージの追加など、前作からあらゆる面でパワーアップしています。  

 

登場キャラ

 

 

キャラクター名技名
グラビティーマングラビティーホールド
ウェーブマンウォーターウェーブ
ストーンマンパワーストーン
ジャイロマンジャイロアタック 
スターマンスタークラッシュ 
チャージマンチャージキック
ナパームマンナパームボム
クリスタルマンクリスタルアイ
ラッシュニューラッシュコイル
ラッシュジェット
ロックマンスーパーアロー
ビートビート

 

オススメポイント

チャージショットの強化

チャージショット(溜め撃ち)が強化され、スーパーロックバスターに名前が変わりました。

前作より瞬時に溜まるようになり、威力も強化されました。

 

スーパーロックバスター

 

ビートの初登場

各ステージにちりばめられているプレートを集めることで、ビートが使えるようになります。

プレートを取得するのが難しいステージもありますが、すべて集めることができればビートが強力にサポートしてくれます。

 

ビート初登場

 

プレート発見!!

 

難易度の緩和

前作までと比べて難易度がかなり調整されています。

今までプレイしてきたプレイヤーたちには物足りないと思いますが、初心者には取っつきやすい難易度となっています。

 

~前作からの改良点~  

  • チャージショット(溜め撃ち)の強化
  • ビートの初登場
  • プレートの追加
  • M缶(ミステリー缶)の追加
  • 難易度の緩和
  • ラッシュの改良
  • 移動・攻撃の両方使えるスーパーアロー
  • ゲージの目盛り回復速度、フロアの切り替わりのスクロール速度が速くなった 

 

武器セレクト画面。E缶の他にM缶が追加

 

気になったところ


  • 難易度の低下
  • ニューラッシュコイルの使いにくさ
  • スーパーアローの消費ゲージの多さ 
  • プレートが見つからない

 

オススメポイントでも書きましたが、難易度の低下により既存ユーザーには物足りなく感じると思います。

ボスも動きが読みやすくなり、お馴染みのラストのステージもそこまで強くありません。

ラッシュが強化されましたが、前作に比べて非常に使いにくい点が気になりました。

スーパーアローという武器は移動にも敵にも使える武器なのですが、消費ゲージが多くて連発できないのが難点。

ビートを使えるようにするためのプレート集めもすんなりとはいかないので、何度も同じステージを繰り返さないといけないかもしれません。

ビートがいなくてもクリアはできますが、いると強力にロックマンをサポートしてくれます。

 

  「ROCKMAN5」のプレートを無事すべて発見できるか?

 

まとめ

ビートの初登場やプレート集めのやりこみ要素など、さらに進化したロックマン5でした。

個人的には難易度が低下したことが少し気になりましたが、逆にサクサク進んで爽快感もありました。

あまり、同じところで詰まってイライラしたくないので…

1~4よりも初心者にはやりやすいのではないかと思います。

ロックマンに興味がある人は1からプレイしてもいいのですが、5からプレイするのもオススメです。

ぜひ、プレイしてみてください。

 

 

-ゲーム・マンガ
-