ゲーム・マンガ

【フォルテ&ゴスペル初登場!】ロックマン7 宿命の対決!のレビュー

2021/5/23(日)

 

 
こんにちは。Mr.Tです。
今回はロックマン7 宿命の対決!のレビューです。
Mr.Tが初めて出会ったロックマンシリーズでもあります。

ロックマン7 宿命の対決!

1995年にSFC(スーパーファミコン)で発売された2Dアクションゲームです。  

SFCで発売された唯一の無印ロックマンシリーズになります。  

ライバル、フォルテの初登場、グラフィックの進化など、あらゆる面でパワーアップしたロックマンシリーズ第7作目です。 

 

 

ロックマン7はSFCで発売されましたが、様々なハードでリメイクされています。

Mr.Tは今回、Nintendo Switch「ロックマン クラシックス コレクション2」でプレイしました。

コレクション1で実装されたリワインド機能がコレクション2では使えなくなったので巻き戻しが利かなくなりました…

完全な実力勝負です。

 

リワインド機能についてはこちらの記事から

ロックマン1 トップ
【人気シリーズ第1作目】ロックマン1のレビュー。すべてはここから始まった!

続きを見る

 

実はこのロックマン7、Mr.Tが子どものころに初めてプレイしたロックマンシリーズです。

この時はSFCでプレイしてました。    

今回はロックマン7についてのレビュー記事です。

 

ロックマンシリーズについての記事はこちらから

ロックマン1
ロックマンの関連記事

続きを見る

 

どんなゲーム?

初リリース日:1995年
対応ハード:*SFC
ジャンル:2Dアクション
発売元:カプコン
*様々なハードでリメイクあり

 

主人公のロックマン(ロボット)が敵(ロボット)を倒して世界を救うアクションゲームです。  

ライバル、フォルテの初登場、グラフィックの進化、コメディタッチの新キャラ、ライットットなどの登場により、前作からあらゆる面でパワーアップしています。    

 

登場キャラ

 

 

キャラクター名技名
フリーズマンフリーズクラッカー
 ジャンクマンジャンクシールド
バーストマンデンジャーラップ
クラウドマンサンダーストライク
スプリングマンワイルドコイル
スラッシュマンスラッシュクロー
 シェードマンクラッシュノイズ
 ターボマンバーニングホイール
ラッシュラッシュコイル
ラッシュジェット
ラッシュサーチ
ロックマンスーパーアダプター
ブルースシールド
ビートビート

 

オススメポイント  

グラフィックの進化

ハードがSFCになったことにより、グラフィックが進化しました。

今の技術から見ると粗く見えるかもしれませんが、当時は画期的。

Mr.Tは現在ロックマン1から順にプレイしているので、あまりの変わりように感動しました。

 

6のロックマン  

 

7のロックマン

 

フォルテ&ゴスペルの登場

フォルテ&ゴスペルが初登場します。

ロックマンのライバルです。

フォルテ&ゴスペル

 

ライトットの登場によりコメディタッチに 

今までのロックマンシリーズはシリアスな要素が強かったですが、今回は随所にクスっと笑える会話がちりばめられています。

特にライトットは随所でボケをかましてきます。

 

ライトットとエディ

 

~前作からの改良点~

  • アイテムを購入できるようになった
  • サーチラッシュの追加
  • W缶、S缶の追加
  • オープニングステージの追加
  • L、Rボタンで武器の切り替えが可能になった
  • ビートの弱体化
  • ボスを弱点武器で攻撃するとリアクションを取るようになった 
  • 隠しアイテムが増えた  

 

ネジを回収することでアイテムと交換できるようになりました。

E缶や残機数UPなども購入できるので、ストーリーを進めるうえで楽になりました。  

また、ロックマンシリーズで初めてオープニングステージが追加され、チュートリアルの要素も含まれました。

 

気になったところ


  • チャージショットの弱体化
  • 前半4ステージ、後半4ステージにわかれた
  • スーパーロックマンを使うと楽にクリアできる
  • サーチラッシュ、隠しアイテムの探索がノーヒント 
  • ワイリーカプセルが強すぎる
  • ブルースシールドが使えない

 

チャージショットが弱体化したことにより、チャージする意味があまりなくなってしまいました。  

アイテムを集めるとラッシュと合体してスーパーロックマンになることができます。
スライディングはできませんが、空を飛べるのでステージの攻略が非常に楽になります。  

スーパーロックマンとスーパーフォルテ

 

 

サーチラッシュ、隠しアイテムがノーヒントなので自力ですべて探すのは難しいです。  

ラスボスのワイリーカプセルが強すぎます。
初見じゃ絶対に倒せません。
Mr.Tも缶をフルに使ってやっと倒しました…  

ブルースシールドの使い勝手が悪いです。
使わなくても全然クリアできるので無理して入手する必要はありません。

ブルースシールド入手!

 

まとめ

子どもの頃に一度プレイしているので、最後のワイリーカプセル以外はサクサク進んでしまいました。

隠しアイテムも覚えていたので詰まりませんでした。

しかし、細かいところまでは覚えていなかったので、すべての武器を集めるには自力では無理でした。  

グラフィックがきれいで、会話やストーリーの面白さも1~6より格段にパワーアップしているので、初心者にはやりやすいのではないかと思います。   

ロックマンに興味がある人は1からプレイしてもいいのですが、7からプレイするのもオススメです。  

ぜひ、プレイしてみてください。

 

 

-ゲーム・マンガ
-