医薬品

ガスター10は年齢制限アリ!? 80歳以上には副作用のリスクが上昇する理由を徹底解説

2020/12/23(水)

 
こんにちは。Mr.Tです。
今回はガスター10の年齢制限についてです。
 

ガスター10の年齢制限。

OTCで販売されているガスター10

誰でも聞いたことがある有名な胃薬です。

処方箋の方でもガスターはいまだに使われています。

H2ブロッカーに分類され、胃酸の分泌を抑えて胃の症状を改善する薬です。

このガスター10に年齢制限があるのをご存じでしょうか?

Mr.Tの薬局では、販売した後に

「80歳以上なんだけど!」

と、クレームが来たことがあります。

販売した薬剤師がガスター1080歳以上の人は使用することができないことを知らなかった為です。

新人がはまりやすいミスの一つでもあります。

ガスター10の添付文書には

してはいけないこと
(4)小児(15歳未満)及び高齢者(80歳以上)

相談すること
(3)高齢者(65歳以上)

引用:ガスター10の添付文書から抜粋

と記載されています。

なぜ年齢制限があるのでしょうか?

その理由について解説していきます。

 

副作用のリスク上昇の理由

ガスター10を高齢者に投与すると副作用上昇のリスクがありますが、主な理由は以下の2つです。


  • 腎機能の低下
  • 認知機能の低下やせん妄のリスクがある 

 

腎機能の低下

腎機能が低下すると腎臓の排泄機能が低下し、薬がなかなか体の外に出ていきません。

体の中に薬がずっとあると、副作用が出やすくなってしまいます。

医療用のガスターは医師が腎機能を考慮して処方しますが、OTCではできません。

腎機能は加齢により徐々に低下していきます。

60代では30~40%、80代では50~70%程度の人で腎機能が「中程度以下」と言える状態にまでなるという報告もあります。

腎臓の疾患を持っている人はもちろんですが、持っていない人も服用に注意しなければならない薬なのです。  

 

認知機能の低下やせん妄のリスクがある

せん妄とは、高齢者に多く発症する一種の意識精神障害です。

症状が認知症と似ていますが、せん妄は突然発症し、数時間から数週間にわたり症状が継続します。

時間と共に症状が変化するのもせん妄の特徴です。

H2ブロッカーは認知機能の低下やせん妄のリスクがあるので、高齢者にはなるべく控えるように勧めるガイドラインもあります。

OTCのガスター10は、基本的には症状が出たときに飲む頓服という形の飲み方ですが、受診せずに長期間飲んでしまう人もいるので注意しなければいけません。  

 

まとめ


  • 高齢者では腎機能が低下しているので、副作用が出るリスクが高い 
  • 認知機能の低下やせん妄のリスクがある

 

以上の理由によりガスター10を80歳以上は飲んではいけません。

ガスター10は販売する時に必ず年齢を確認しなければならない薬です。

購入者はガスター10の注意事項を知らずに家族や友人に平気であげてしまいます。

今回説明した年齢や、腎機能についての知識がないまま人にあげてしまい、副作用がでてしまった事例もあります。

他の薬もそうですが、 「必要なくなったから人にあげる」 「自分が効いたから人に教えてあげたい」 その気持ちはわかるのですが、体質や症状などは個人によって違うのでむやみに人に薬をあげるのはやめましょう。

副作用がでる可能性が高く、出てからでは遅いのです。

薬を服用する際には必ず医師・薬剤師の指導の下服用してください。

 

カテゴリー「OTC」の人気記事TOP5

  1. 酸化マグネシウムを服用中に牛乳を飲むと副作用発生? ミルクアルカリ症候群に注意!
  2. 【ビオフェルミンR?S?】ビオフェルミンの違いについて徹底解説
  3. 【IPって何?】『消毒用エタノール』と『消毒用エタノールIP「ケンエー」』の違いについて徹底解説
  4. 【外用消炎鎮痛薬】 痛み止めの剤形と使い分けについて徹底解説
  5. 【目薬・味】目薬をさしたら味がする? 味がする成分と原因について徹底解説

 

 

以下の記事もご覧ください。

 

 

参考文献:

  1. ガスター10 添付文書

  2. OTC医薬品の比較と使い分け

5

この本の対象者

・薬剤師・登録販売者などのOTC業務に携わる人
・OTCをしっかり学びたい人
・OTCにはどんな商品があるか知りたい人
・OTCの更なるレベルアップを図りたい人

OTCに携わる人には必携の参考書です。

非常にわかりやすく説明されており、現場に役立つQ&Aは知っておいて損はありません。

ここに出るQ&Aを実際に店頭で聞かれたことがある人も多いはずです。

非常にわかりやすく解説されていますが、ボリュームが多いので興味があるところから読んでいきましょう。

薬剤師や登録販売者であれば基礎的な知識は頭に入っているのでサクサク読めるハズです。

Mr.Tが自信を持ってオススメできる一冊です。

 

POINT

・21項目の薬効群別に詳しく説明
・トリアージ、使い分けがわかりやすい
・成分や商品の特徴がわかりやすい
・現場で役立つQ&Aはかなりの優れもの
・約800点もの参考文献を掲載

Mr.Tの「OTC」の図書館へ

 

-医薬品
-, ,