医薬品

【頭痛薬・OTC】ドラッグストアで片頭痛の薬は売ってる? OTCの頭痛薬についてまとめてみた

2020/12/23(水)

 
こんにちは。Mr.Tです。
今回はOTCの頭痛薬についてです。
 

片頭痛。

ツラいですよね。

一般的な頭痛と違い、ガンガン脈打つような痛みが特徴です。

ひどい人だと吐いてしまったり、動けなくなってしまうほどの症状が出ることがあります。

Mr.Tも片頭痛では悩まされています。

仕事にならないのですぐにロキソニンを飲みますが…  

さて、ドラッグストアでも片頭痛の相談はよく来ます。

「片頭痛の薬を下さい。」

ドラッグストアでよくされる相談です。

片頭痛に効く薬はありますが、片頭痛用の薬はドラッグストアでは販売していません。

一般的な頭痛と片頭痛のメカニズムが違い、作用機序(薬の効き方)が違うため、片頭痛用の薬は処方箋がないと手に入れることができないのです。

では、ドラッグストアで購入できる片頭痛に効く薬はどれなのでしょうか?

今回はドラッグストアで購入可能な頭痛薬について説明していきたいと思います。  

 

片頭痛

ドラッグストアで購入可能

基本的に頭痛薬全般使うことができます。

ロキソニンSシリーズ

ドラッグストアで一番効き目が強いものだとロキソニンSシリーズがあります。

病院で出してもらうロキソニンと同じ成分が配合されているので効き目が抜群です。

Mr.Tも愛用しています。

 

タイレノールA

軽度であればアセトアミノフェン単剤のタイレノールAもおすすめです。

こちらも病院で出してもらうカロナールと同成分で、副作用が少なく、安全に使うことができます。

 
 

AAC処方(エキセドリンA錠など)

アセトアミノフェン+アスピリン+カフェインの3剤を併用することで単剤の治療よりも効果があるという報告もあります。

この3剤の頭文字をとり、AAC処方と呼ばれることがあります。

 

ACE処方(ナロン錠、新セデス錠など)

アセトアミノフェン+カフェイン+エテンザミドの3剤を併用することで単剤の治療よりも効果があるという報告もあります。

この3剤の頭文字をとり、ACE処方と呼ばれることがあります。

 

ドラッグストアで購入不可能

トリプタン製剤

いわゆる片頭痛用の薬です。


  • イミグラン
  • ゾーミッグ
  • マクサルト
  • レルパックス 
  • アマージ
  • ミグシス
  • クリアミン

 

などがあります。 これらの薬は使い方を誤ると重大な事故が起こる可能性があるので、医師・薬剤師の指導の下、適切に使用しなければなりません。

 

イミグランの記事はこちらから

片頭痛薬の点鼻? イミグランの点鼻と錠剤の違いについて徹底比較
片頭痛薬の点鼻? イミグランの点鼻と錠剤の違いについて徹底比較

続きを見る

 

まとめ


  • 軽度であれば片頭痛に使うことができる頭痛薬はどれでもOK
  • 片頭痛用の薬は処方箋がないと出せないので、重症であればすぐに受診を
  • 鎮痛剤は人によって体に合う、合わないがあるのでどれがいいかは使ってみないとわからない 
  • Mr.TのオススメはロキソニンSシリーズ

 

頭痛薬の使い過ぎにも注意しなければいけません。

一般的な痛み止めを月に15日以上片頭痛用の薬を月に10日以上使用している期間が3カ月以上続いている場合には、薬物乱用性頭痛(薬が原因の頭痛)を疑う必要があります。

使用頻度が多い人はすぐに受診しましょう。

 

「OTC」の関連記事

  1. 酸化マグネシウムを服用中に牛乳を飲むと副作用発生? ミルクアルカリ症候群に注意!
  2. 【ビオフェルミンR?S?】ビオフェルミンの違いについて徹底解説
  3. 【IPって何?】『消毒用エタノール』と『消毒用エタノールIP「ケンエー」』の違いについて徹底解説
  4. 【外用消炎鎮痛薬】 痛み止めの剤形と使い分けについて徹底解説
  5. 【目薬・味】目薬をさしたら味がする? 味がする成分と原因について徹底解説

 

 

 

-医薬品
-, ,