医薬品

【アレジオン点眼液の違い】アレジオンとアレジオンLXの違いについて徹底解説

2021/3/15(月)

 
こんにちは。Mr.Tです。
今回は処方薬の目薬、アレジオンとアレジオンLXの違いについてです。

アレルギーの目薬であるアレジオンシリーズ。

2019年11月にアレジオンLX点眼液0.1%が薬価収載されました。

今までのアレジオン点眼液0.05%と何が違うのでしょうか?

今回は点眼薬であるアレジオンとアレジオンLXの違いについて説明していきたいと思います。  

以下、

アレジオン点眼液0.05%をアレジオン。
アレジオンLX点眼液0.1%をLXと呼びます。

 

アレジオンLXの「LX」って?

名称の由来

「アレジオン」は、病変(=lesion)を無くする(=A)という意味に由来する。
「LX」は、“Lasting extend”という造語に由来し、効果をさらに長く引き伸ばす“持続性”を意味している。  

出典:アレジオン LX 点眼液 0.1% インタビューフォーム

 

点眼回数  

アレジオン:1日4回  

LX:1日2回  

 

LXは持続性製剤となっているので1日2回でOK。

アレジオンは1日4回も点眼しなければいけないので1日2回の方が断然楽。    

 

薬価  

2021.4~

アレジオン:339.20/本

LX:676.30/本

 

約2倍の差があります。

 

何日もつ?

5mLで約100滴点眼できるので、何日持つか計算してみると

 

アレジオンは1日4回を両目に点眼すると
100÷(4×2)=12.5日  

LXは1日2回両目に点眼すると
100÷(2×2)=25日  

 

以上より、アレジオン2本=LX1本、25日分となります。

 

値段は

アレジオン:339.20/本×2本=678.40
LX:676.30/本×1本=676.30

 

以上より、やっぱりアレジオン2本=LX1本という計算。

濃度もアレジオンが0.05%配合でLXが0.1%配合。

またまた単純に2倍なだけです。  

 

まとめ  

・点眼回数が違う

・単純にアレジオン×2本=LX1本

アレジオンは1日4回を両目に点眼すると
12.5日もつ

・LXは1日2回両目に点眼すると25日もつ  

 

ざっくりまとめるとこんな感じです。

1日4回も点眼するのは面倒だという人はLXの方がいいでしょう。

実際に気持ち的な問題もあるので、多く点眼した方が効いているような気がするといって、LXからアレジオンに戻してもらった患者さんもいます。

頻繁に目を洗い流したいという患者さんもいるので、自分にとって使いやすい方を先生にお願いして処方してもらいましょう。  

はっきりいって、薬局にとっては過誤の元でしかないですが。

 

参考文献:

  1. アレジオン点眼液0.05%添付文書

  2. アレジオンLX点眼液0.1%添付文書

  3. アレジオンLX点眼液0.1%インタビューフォーム

 

眼科の関連記事

  1. コンタクトしたまま目薬をさしてもいい? コンタクトレンズと目薬の関係について徹底解説
  2. 【目薬・味】目薬をさしたら味がする? 味がする成分と原因について徹底解説
  3. 【アジマイシン点眼液】使い方・保管方法に要注意! アジマイシン点眼液について徹底解説
  4. 開封後の目薬の使用期限はいつまで? 目薬の使用期限について徹底解説
  5. 目薬は1本で何日分もつ? 目薬の正しい使い方と期間について徹底解説

 

 

 

-医薬品
-, ,