医薬品

【シラミ撃退法】毎日使うのはダメ? シラミ用シャンプーの正しい使い方について徹底解説

2020/11/23(月)

 
こんにちは。Mr.Tです。
今回はシラミ用シャンプーの正しい使い方についてです。
 

シラミ用シャンプーの正しい使い方。

子供たちに集団発生しやすいシラミ

「これはシラミですか?」

と、幼稚園の先生が髪の毛についた卵をティッシュにくるんで持ってきたこともありました…

シラミに感染してしまった場合、OTC(市販薬)でシラミ駆除用のシャンプーがあり、フェノトリンという殺虫剤が配合されています。

このシャンプーは毎日使うものではありません。

なぜ毎日使ってはいけないのでしょうか?

毎日使った方が効果が高く、早く治ると思っている人が多いのですがそうではありません。

今回はシラミ用シャンプーの正しい使い方について説明します。

 

シラミ用シャンプーの正しい使い方

シラミの退治には10日程度かかります。

シャンプーの使い方は


  1. 頭髪を濡らす
  2. 薬を量る
  3. 頭にかける
  4. 髪全体になじませる 
  5. 5分待つ
  6. 洗い流す

 

以上の手順です。

このサイクルを1日1回、3日に1度ずつ(2日おき)3~4回繰り返します。

卵の孵化のサイクルに合わせてシャンプーをするのが効果的です。

卵は硬い殻に覆われているため薬が中に入っていかず、卵の中のシラミを退治することができません。

7~10日で卵が孵化するので、シラミが卵からかえったところを退治します。

幼虫の期間は7~16日なので、シャンプーをしていない2日の間にかえった幼虫が卵を産むことはありません。

4回目のシャンプーの使用でちょうど10日間になるので、1日目の駆除前に生まれた卵から孵化した幼虫も退治することができ、治療は終了となります。

頭髪の中に卵が見つかった場合は、シャンプーに付属されているクシで除去してあげると効果的です。

 

 

治療終了後の注意

シャンプーを使い終わり、治療が終了した後も油断してはいけません。

シラミは頭から離れても1~3日は生きています。

再感染を防ぐために普段過ごす場所を掃除し、衣類やタオル、枕カバー、シーツなどの頭に触れる可能性のあるものは毎日洗濯し、取りかえるようにしましょう。

 

まとめ


  • 卵の孵化のサイクルに合わせ、1日1回、3日に1度ずつ(2日おき)3~4回シャンプーを繰り返す 
  • 毎日使用しても早く治ることはない
  • 治療後も普段過ごす場所や衣類などを清潔に保つ

 

薬に関してですが、たくさんの量を使ったり使う頻度を多くすれば効果が上がり、早く治ると勘違いしている人が多いです。 

使い方を間違えると副作用が出たり、効果が落ちることが多々あります。

今回紹介したシャンプーに限らず、どんな薬でも用法、用量をしっかりと守り、以上のことを注意しながらしっかりと治療していきましょう。

 

「病原微生物」の関連記事

  1. 【クラバモックスの溶かし方】分包したら大惨事! 分包品のクラバモックスの調剤方法について
  2. 【オグサワ処方】オーグメンチンとサワシリンの併用療法について徹底解説~なぜアモキシシリンが重複?~
  3. 【IPって何?】『消毒用エタノール』と『消毒用エタノールIP「ケンエー」』の違いについて徹底解説
  4. 抗生物質の副作用で下痢がひどい… 抗生物質での副作用の対処法について徹底解説
  5. タミフルドライシロップが入手困難な場合に脱カプセルで自家製剤加算が取れる?

 

参考文献:ドラッグストアQ&A

4.5

この本の対象者

・薬剤師
・登録販売者などのOTC業務に携わる人

・ドラッグストアで働く人
・ドラッグストアでどんな質問が多いか知りたい人

ドラッグストアでよく質問される事項をQ&A方式でわかりやすく説明されています。

薬だけでなく、化粧品や雑貨なども取り扱っており、ドラッグストアに勤務している人にはぜひ読んでもらいたい一冊です。

内容もわかりやすいのでサクサク読むことができます。

発行日が古いですが、今でも役に立つ情報が満載です。

 

POINT

・ドラッグストアでよくされる質問が簡潔にまとめられている
・Q&A方式で読みやすい
・薬以外の質問も多数
・付録には役立つ情報がたくさん

Mr.Tの薬ドラの図書館「OTC」へ

-医薬品
-, ,