仕事術

【一人薬剤師・コツ】慣れてしまえば怖くない! 一人薬剤師で薬局を回すコツを徹底解説

2020/11/25(水)

 
こんにちは。Mr.Tです。
今回は一人薬剤師で薬局を回すコツについてです。
 

一人薬剤師で薬局を回すコツ。

以前、一人薬剤師のメリット・デメリットについて解説しました。

メリット・デメリットがわかっていても、実際に一人で薬局を回すとなると何かと不安だと思います。

最初は誰だって不安です。

しかし、一人薬剤師に慣れてしまい、トラブルにどのように対処するか事前に理解しておけば誰にでもそつなくこなせるようになります。

前回の記事からデメリット抜粋し、これらを解消できるように解説していきたいと思います。

 

一人薬剤師のメリット・デメリットの記事はこちらから

一人薬剤師がツライ… 一人薬剤師のメリット・デメリットを徹底解説
一人薬剤師がツライ… 一人薬剤師のメリット・デメリットを徹底解説

続きを見る

 

一人薬剤師のデメリット


  • 調剤業務をすべて一人で行うのが大変
  • 調剤過誤のリスクが高く、かなりのプレッシャーを感じる 
  • 混んでしまうと患者を待たせてしまう
  • 休憩時間がとりずらい
  • 休暇もとりずらい
  • パニックを起こすとすべてが終わる

調剤業務をすべて一人で行うのが大変

受付から投薬までの流れをしっかりと理解しましょう。

一つ一つの作業を細分化し、理解することで流れがスムーズになります。

最初はゆっくりでいいので一つ一つ丁寧に行いましょう。

慣れてくると考えなくても体が動くようになるので、反射のレベルまでもっていくことが重要です。

イメージとしては「点から線へ」です。

最初はぎこちなくても経験を積むことによりどんどんスピードが上がってきます。 Mr.Tが実践している細分化の例を挙げていきます。

受付


  • 処方箋を受け取る
  • 何枚持ってきたかを確認する(以下余白の記載を確認)
  • 保険証の確認
  • お薬手帳の確認
  • 処方箋の記載チェック(期限や押印など)
  • お薬手帳を見ながら残薬チェック、軽い処方監査
  • 前回と処方内容に変わりがあるか確認、患者にも確認
  • 新患・再来、薬の在庫を確認
  • 待ち時間を伝える

 

入力


  • レセコンに入力していく
  • 前回と患者情報が変わっていないかを確認(保険者番号、氏名など)
  • 入力しながら処方監査(入力しながら添付文書を見る)

 

入力監査


  • 患者に渡すプリント類をプリンターが印刷している隙に、処方箋と入力したものを監査する 

 

調剤業務


  • 薬歴などを参考にして処方監査を行う
  • 薬袋や薬情などにハンコを押したり、袋に入れたりなどの準備をする
  • ピッキングする数や散剤、シロップなどの計算をし、調剤業務に取りかかる 

 

最終監査


  • 調剤したものを最終監査する(併用禁忌や数の確認、散剤の重量やシロップの全量、一回量など)
  • 薬歴やお薬手帳を参考にして併用禁忌や重複投与などを最終確認
  • 薬歴から今回の投薬のプランを考える
  • 薬、プリント類をかごに入れて投薬しやすいように並び替える

 

投薬


  • 患者と薬の確認をする(数量や前回との違いなど)
  • 新規の薬、変更になった薬の説明
  • 患者の体調や不安点の聞き取り
  • 質問に対する指導など

 

レジ


  • 現金、クレジットカード、電子マネー、モバイル決済など、すべての支払い方法に対応できるように勉強しておく

 

袋詰め


  • レジ袋・マイバックなどに薬やプリント類を入れる 
  • 渡し漏れがないように患者と相互確認をする

 

投薬終了


  • 「お大事にどうぞ」などの言葉をかけ、かごの中身を見て渡し忘れ、渡してはいけないもの(処方箋、薬歴など)を渡していないか再確認をする

 

 

以上のことをMr.Tは毎日実践しています。

無意識のレベルまで落とし込んでいるので、実際にはここで書いていないことも色々と行っているかもしれません。

文章で書くと長くて項目がたくさんありますが、慣れてしまえば無意識にこなせるようになります。

経験を積むと「点から線へ」の意味が理解できてくると思います。

 

 

調剤過誤のリスクが高く、かなりのプレッシャーを感じる

一人ですべてこなさなければならないため、併用禁忌や調剤ミスに気付いてくれる人は自分しかいません。

調剤過誤の対策としては以下のことを実践しています

知らない薬は添付文書を見てから調剤する

初めての薬、自信のない薬などは絶対に添付文書などで確認しなければいけません。

きちんと計算してから調剤する

レセコンが勝手に計算してくれますが、入力を間違っている可能性もあります。

粉やシロップなど、0が一つ多いだけで10倍量になってしまいます。

最悪の場合、死にます

計算する癖をつけましょう。

 

計算が苦手な人はこちらの記事から

【力価・計算】力価って何? 計算が苦手な薬剤師に計算方法を徹底解説
【力価・計算】力価って何? 計算が苦手な薬剤師に計算方法を徹底解説

続きを見る

 

スピードを意識せず、患者に待ってもらうことを前提に調剤する

いくらスピードを上げようと思っても限界があります。

自分がどれくらいのスピードでできるのか、自分の能力を客観的に見てみましょう。

ピッキングをした場所と最終監査の場所を変える

景色を変えることで気づかなかったことに気づくことがあります。

監査台の上は常に整理整頓をし、余計なものは置かない

余計なものがあると気が散り、集中力がそがれます。

人間は見ていなくても視界に入っているものは脳が認識してしまうので、余計なものが視界にあるとミスのもとです。

監査台の上、もしくは近くに数字関係の資料などを置かない

上記でも書いた通り、視界に入っているものは脳が認識してしまうため、薬の数を確認しているときに他の数字が視界の中にあるとミスのもとになります。

混んでしまうと患者を待たせてしまう

これははっきり言ってしょうがないです。

一人でこなせる仕事量には限界があります。

しかし、受付時に目安の待ち時間や時間がかかる理由をお伝えすることでクレームは減ります。

患者は待たされていることに怒っているのではありません。

なぜこんなに待たされるのか理由がわからず、あとどれぐらい待てばいいのかゴールが見えないから怒っているのです。

受付時にどれぐらい時間がかかるのかを判断し、自分ができる能力より多めの時間を伝えるようにしましょう。

伝えた時間より遅ければ患者は不満を持ちますが、早ければ怒ることはありません。

むしろ待ち時間が減ってラッキーだと喜ぶでしょう。

薬の数が多かったり、粉やシロップで時間がかかるようであればできたら電話をする、お届けをする、配送するなどの選択肢もあります。

休憩時間がとりずらい

会社にかけあって薬局を閉めるという手もあります。

最近は13:00~14:00の間は薬局だけ閉局しているドラッグストアも見られるようになりました。

薬剤師のお昼休憩の時間だと思われます。

働き方改革の流れに乗っているのでしょう。

1時間の休憩をとるのは義務です。

しっかりと取れないのであれば上司、会社に相談するべきです。

ダメなら労働基準監督署行きですね。

休暇もとりずらい

あらかじめ上司に「ここは休みたい」と言っておくと改善されることがあります。

さすがに直前に言っても難しいですが、前もって相談しておくと上司もシフトを調整してくれるでしょう。

パニックを起こすとすべてが終わる

トラブルが起こりやすい事柄を事前に予想し、対処方法を考えておきましょう。


  • 機械系のトラブルはどうすればいいのか?
  • 備品類の場所を確認
  • 患者がたくさん来たらどうする?
  • 忙しかったら電話は出ないと決めておく
  • 調剤中にOTCの接客に呼ばれたら、待ってもらうか登録販売者を呼ぶ
  • よく出る薬の場所は覚えてしまう
  • 面倒な患者やクレーマーなどがいつ来るか予想しておき、対処方法も考えておく 

 

以上のこと以外にもたくさんの起こりうるトラブルがあると思います。

上記に挙げたのはあくまで一例です。

トラブルに遭ってしまったらその都度解決策を考え、次回から生かせるようにしていけば自然とレベルが上がり、トラブルに動じなくなっていきます。

対処方法を知っているということが強みになるのです。

 

 

 

まとめ

一人薬剤師で薬局を回すコツははっきり言って「慣れ」です。

数をこなさないことには話になりません。

逆に数をこなせば色々な局面にぶち当たるので、対処法がわかってくるようになります。

あらかじめトラブルに対する対処法がわかれば怖くありません。

それでも予想外のトラブルが起こることもあります。

それはしょうがないと割り切りましょう。

一人薬剤師に限らず、どこの薬局でも予想外のトラブルにすぐに対応するのは難しいです。

100%うまくやるなんて無理です。

完璧を目指すのはやめましょう。

患者が満足する最低ラインを超えれば全然問題ないのです。

初めての一人薬剤師は誰だって不安です。

「慣れ」で片付けてしまえば初心者はどうしようもないかもしれません。

しかし、上記で挙げたようなことの対処法を自分で考え、先輩たちからの経験談を聞いておくことで心配や不安が少しずつ解消されていくことでしょう。

一度でも無事やり遂げるとかなり自信がつきます。

その繰り返しです。

他にも何か一人薬剤師のコツなどがあれば、教えて頂ければ助かります。

みんなで一緒に頑張りましょう!

 

仕事術の関連記事

  1. 【力価・計算】力価って何? 計算が苦手な薬剤師に計算方法を徹底解説
  2. 薬のクビ宣告?経過措置になった薬はどうすればいい?
  3. レセコン入力は難しい? Mr.Tのレセコンあるあるについて一挙紹介
  4. 初見じゃ無理… パックやセットなどの特殊なレセコン入力について徹底解説
  5. 【処方箋・略語一覧】v.d.S.? v.d.E.? 処方箋の略語を一覧にしてまとめてみた

 

 

以下の記事もご覧ください。

 

 

-仕事術
-