保険関係

【頓服薬・レセプト】 頓服薬の処方上限はなぜ県によって違う?

2020/11/11(水)

 

Mr.T

こんにちは。Mr.Tです。
今回は頓服薬の処方上限についてです。

 

頓服薬の処方上限。

 

現在Mr.Tが在籍している県では、頓服薬の処方上限が10回となっています。

しかし、お隣の県では30回、40回以上と多めに出している県もあります。

 

なぜ県によって頓服薬の処方上限が異なるのでしょうか?

 

今回は頓服薬の処方上限についての記事です。

 

なぜ県によって頓服薬の処方上限が違う?

県によって頓服薬の処方上限が異なる理由ですが、

 

答えは誰もわかりません。

頓服薬の処方量の上限について、療養担当規則において明確な投与制限は定められていません。

 

「頓服薬は、1日2回程度を限度として臨時的に投与するものである。」


引用:(昭和24年10月26日保険発310号)

 

これだけです。

これだけではさっぱりわかりませんね。

 

こんな状態なので、暗黙の了解で県が独自で上限を定めているようです。

Mr.Tがいる県では10回が限度です。

それより多い場合は疑義照会が必要です。

 

現段階では完全なグレーゾーンですね。

 

関連記事
【疑義照会】何でそんなに時間がかかるの? 疑義照会のポイントについて徹底解説
【疑義照会】何でそんなに時間がかかるの? 疑義照会のポイントについて徹底解説

 

疑義照会すべき? 返戻に気をつけよう

何度も言っていますが、Mr.Tの県では10回が限度です。

疑義照会せず、頓服20回で返戻が来たことがあります。

しかし、隣の県では30回とか平気で出してきます。

 

隣の県の処方が来た場合は疑義照会は必要ありません。

 

他県の処方には首を突っ込めないのでしょう。

返戻が来たこともありません。

 

ココがポイント

上限回数を超えた頓服薬の処方箋が来た場合

  • 自店舗の薬局と同じ県の処方箋 → 疑義照会が必要
  • 自店舗の薬局と異なる県の処方箋 → 疑義照会が必要なし 

 

まとめ

ココがポイント

  • 頓服薬の処方上限が異なる理由は誰にもわからない 
  • 県によって解釈が違う
  • 疑義照会するかしないかの判断をしっかりと

 

完全なうやむや状態ですね。

しかし、このようにはっきりと決められておらず、グレーゾーンのまま放置されてある案件は他にもあります。

 

同じ医療なのに県によって違うというのはおかしな話なのですが、統制するつもりもないようですね。

厚生労働省はなぜ統一しないで各県に任せているのでしょうか?

県ごとに違うとか理解できないのですが。

患者さんによってはこのようなことは知らないので

 

「前の病院では多めに出してもらったのに、ここでは出してもらえない」

 

と、クレームが来ることも多いです。

結局は県によってルールが違うと説明するしかありません。

「何で違うんだ?」と聞かれても県によって解釈が違うのでこちらに聞かれても…って感じですよね。

しかし、このような質問をする患者さんは多いので、しっかりと説明できるようにしておきましょう。

 

関連記事
クレーマー、迷惑客・患者、ちょっと変わった人たちをまとめてみた
クレーマー、迷惑客・患者、ちょっと変わった人たちをまとめてみた

 

保険の関連記事

  1. 【公費一覧】 公費の一覧と複数の公費の優先順位についてまとめてみた
  2. 【自賠責・薬局】自賠責の処方箋の受付・レセプトの対応方法について徹底解説
  3. 【医療機関コード】医療機関コードの検索方法・番号の意味を徹底解説
  4. 【公費・自己負担上限額管理票】公費の自己負担上限額管理票の種類について徹底解説
  5. 【公費のトラブル】公費の自己負担上限額管理票に指定医療機関以外の記載があった時にどうする?

 

Mr.T
以下の記事もご覧ください。

 

5

 

対象者

  • 調剤事務初心者
  • 公費がよくわからない
  • 公費の処方せんが来たらどうしよう…

 

このような人たちにオススメの一冊です。

点数などの難しいことは一切書いてなく、公費に関して基本からわかりやすく書かれています。

イラストも多いのでサクサク読みやすいです。

調剤事務はもちろん、保険を扱う薬剤師にもぜひ読んで欲しい一冊です。

 

ココがポイント

  • 点数などの難しい話は一切なし
  • イラスト多め
  • 公費に関して基礎からキッチリと説明
  • よく扱う公費、書類の説明
  • 公費申請の基本的な流れの説明
  • よくある質問、トラブルを掲載

-保険関係
-