医薬品

【リンデロンの種類・違い】 強さ? ランク? リンデロンシリーズついて徹底解説

2020/11/11(水)

 

Mr.T

こんにちは。Mr.Tです。
今回はリンデロンの種類・違いについてです。

 

リンデロンの種類・違い。

 

リンデロンと一言で言っても、リンデロンにはたくさんの種類があります。

 

「リンデロンと同じような薬をください」

 

OTC(市販薬)でよく聞かれる質問です。

回答、

 

「リンデロンだけじゃわかりません。」

 

ということで、リンデロンシリーズの違いについて説明します。

 

リンデロンの種類

医療用医薬品

  • リンデロンDP:ランクⅡ
  • リンデロンV:ランクⅢ
  • リンデロンVG:ランクⅢ+抗生物質
  • リンデロンA:ランクⅤ+抗生物質

 

全部で4種類あります。

 

OTC医薬品

  • リンデロンVs

 

OTCは1種類のみです。

 

ステロイドのランク

ステロイドのランクは5種類あります。

Ⅰ群が一番強く、数字が大きくなるにつれて弱くなります。

 

  • Ⅰ群:最も強い(strongest)
  • Ⅱ群:非常に強い(very strong)
  • Ⅲ群:強い(strong)
  • Ⅳ群:普通(medium)
  • Ⅴ群:弱い(weak)

 

関連記事
【ステロイド一覧】強さとランクが違う? ステロイドの種類について徹底解説
【ステロイド一覧】強さとランクが違う? ステロイドの種類について徹底解説

 

リンデロン各種

リンデロンシリーズの特徴を一つずつ見ていきましょう。

 

リンデロンDP

一般名:ベタメタゾンジプロピオン酸エステル

ランクⅡ

主に手足や体幹に使い、顔には使わない。

 

リンデロンV

一般名:ベタメタゾン吉草酸エステル

ランクⅢ

主に体幹のうち、腹部や首などの皮膚の薄い部分にも使用できる。

もちろん手足にも使える。

 

リンデロンVG

一般名:ベタメタゾン吉草酸エステル+ゲンタマイシン

ランクⅢ抗生剤

リンデロンVに抗生剤を追加したもの。

化膿、炎症しているときに使われる。

 

リンデロンA

一般名:ベタメタゾンリン酸エステル+フラジオマイシン

ランクⅤ抗生剤

眼や耳といった皮膚の薄い場所にも塗ることができる。

化膿、炎症しているときに使われる。

 

リンデロンVs

一般名:ベタメタゾン吉草酸エステル

ランクⅢ

主に体幹のうち、腹部や首などの皮膚の薄い部分にも使用できる。

もちろん手足にも使える。

 

リンデロンVsだけOTCです。

医療用のリンデロンVと同じ成分が配合されており、クリームと軟膏の2種類が販売されています。

 

 

まとめ

リンデロンは上記のように医療用で4種類、OTCで1種類あります。

その中でもリンデロンVとリンデロンVsは同じです。

 

各種リンデロンによってステロイドの強さが違うので、塗っていい場所も違ってきます。

 

DPはランクⅡなのでOTCと同じものはありませんが、ランクⅢ以下であれば同じようなものは売ってます。

 

どのランクに該当するのかをよく確認するようにしましょう。

 

「医薬品」の関連記事

  1. 【2021年度版 処方日数制限一覧】 処方日数制限がある医薬品をまとめてみた
  2. 【クラバモックスの溶かし方】分包したら大惨事! 分包品のクラバモックスの調剤方法について
  3. 酢酸亜鉛の配合比率? 『亜鉛華軟膏』と『亜鉛華単軟膏』の違いについて徹底解説
  4. 【オグサワ処方】オーグメンチンとサワシリンの併用療法について徹底解説~なぜアモキシシリンが重複?~
  5. 【ボナロン経口ゼリー】噛んだり溶かしたらダメ? ボナロン経口ゼリーの飲み方について徹底解説

 

 

参考:OTC医薬品の比較と使い分け 羊土社

5

 

対象者

  • 薬剤師・登録販売者などのOTC業務に携わる人
  • OTCをしっかり学びたい人
  • OTCにはどんな商品があるか知りたい人
  • OTCの更なるレベルアップを図りたい人

 

OTCに携わる人には必携の参考書です。

非常にわかりやすく説明されており、現場に役立つQ&Aは知っておいて損はありません。

ここに出るQ&Aを実際に店頭で聞かれたことがある人も多いはずです。

非常にわかりやすく解説されていますが、ボリュームが多いので興味があるところから読んでいきましょう。

薬剤師や登録販売者であれば基礎的な知識は頭に入っているのでサクサク読めるハズです。

Mr.Tが自信を持ってオススメできる一冊です。

 

ココがポイント

  • 21項目の薬効群別に詳しく説明
  • トリアージ、使い分けがわかりやすい
  • 成分や商品の特徴がわかりやすい
  • 現場で役立つQ&Aはかなりの優れもの
  • 約800点もの参考文献を掲載

-医薬品
-, , ,