「医薬品の違い・比較」の関連記事

 
こちらのページは「医薬品の違い・比較」の関連記事です。

「医薬品の違い・比較」のまとめ記事です。

「これらの薬は何が違うのか?」

という疑問は薬剤師はもちろん、患者さんやOTCを購入するお客さんも思うことです。

このページでは「医薬品の違い・比較」に関する記事をまとめています。

 

目次

カテゴリー「医薬品の違い・比較」の人気記事TOP5

  1. 【ビオフェルミンR?S?】ビオフェルミンの違いについて徹底解説
  2. 【アレジオン点眼液の違い】アレジオンとアレジオンLXの違いについて徹底解説
  3. 【IPって何?】『消毒用エタノール』と『消毒用エタノールIP「ケンエー」』の違いについて徹底解説
  4. 【鉄剤・違い】 フェロミアとフェロ・グラデュメットの違いについて徹底解説
  5. 【パップ剤とテープ剤の違い】貼り薬の種類と違いについて徹底解説

 

「医薬品の違い・比較」一覧

【冷湿布・温湿布】 冷感タイプと温感タイプの湿布の違いと使い分けについて徹底解説

外用の湿布、冷感と温感の違いと使い分けについて説明します。

湿布には「冷感タイプ」と「温感タイプ」の2種類があります。

医療用医薬品、OTC(市販薬)のどちらにもこの2つのタイプは存在します。

処方箋でも2つのタイプを使い分けている医師や患者さんもいます。

患者さんやお客さんからも違いや使い分けについてはよく聞かれます。

【ビオフェルミンR?S?】ビオフェルミンの違いについて徹底解説

ビオフェルミンの違いについて説明します。

医療用、OTC(市販薬)のどちらともビオフェルミンは存在します。

厳密にいうと「ビオフェルミン」の頭かお尻に何かついているのですが、患者さんやお客さんはそんなことは知ったことではありません。

すべてビオフェルミンです。

この記事では医療用とOTCのビオフェルミン各種を説明します。

片頭痛薬の点鼻? イミグランの点鼻と錠剤の違いについて徹底比較

イミグランの点鼻と錠剤の違いについてです。

イミグランは片頭痛の薬です。

日本で最初に発売されたトリプタン製剤であり、現在では錠剤・点鼻・注射など、様々な剤型があります。

一番多く出されるのは手軽に服用できる錠剤ですが、点鼻薬があることを知っていたでしょうか。

この記事ではイミグランの点鼻と錠剤の違いについて説明します。

【鉄剤・違い】 フェロミアとフェロ・グラデュメットの違いについて徹底解説

フェロミアとフェロ・グラデュメットの違いについて説明します。

フェロミアとフェロ・グラデュメットはどちらも鉄欠乏性貧血に使われる薬です。

用法はどちらとも1日1~2回。治療効果に差はありません。

医師は何か意図があって使い分けをしているのでしょうか?

この記事ではフェロミアとフェロ・グラデュメットの違いついて説明していきます。

【アレジオン点眼液の違い】アレジオンとアレジオンLXの違いについて徹底解説

アレジオンとアレジオンLXの違いについて説明します。

点眼回数、薬価、何日もつかについて比較していきます。

点眼回数はアレジオンが1日4回、LXが1日2回。薬価はアレジオンLXがアレジオンの2倍の値段。

何日もつかは、添付文書に記載されている使用方法で使うとアレジオンが12.5日、LXが25日もつ計算になります。

『コンプライアンス』・『アドヒアランス』・『コンコーダンス』の意味と違いについて徹底解説

コンプライアンス・アドヒアランス・コンコーダンスの違いと意味について説明します。

3つとも似たような単語ですが、意味が違ってきます。

コンプライアンスは医師から患者への一方的な指導、アドヒアランスは患者の積極的な治療への参加、コンコーダンスは患者が主体となっての医療従事者と患者の共同作業を表してます。

白色ワセリン? プロペト? ワセリンの種類と違いについて徹底解説

ワセリンの種類と違いについてです。

乾燥する季節になると大活躍するワセリン。

普段から使っている方も多いと思いますが、ワセリンにも種類があります。

処方薬でもOTC(市販薬)でもワセリンを手に入れることができますが、成分は白色ワセリンでもその純度によって色や名前が違ってきます。

今回はワセリンの種類と違いについて説明します。

【うがい薬の違い】うがい薬と言えばイソジン? ポビドンヨードとアズノールの違いについて徹底解説

うがい薬の違いについての記事です。

うがい薬といえばイソジンという固定観念を持つ人が多いです。

うがい薬にはイソジンとアズノールがあります。

これらは医療用、OTC(市販薬)どちらもあります。

イソジンは消毒・殺菌に、アズノールは炎症を抑えるために使われます。

用途に合わせて使い分けることがポイントです。

【パップ剤とテープ剤の違い】貼り薬の種類と違いについて徹底解説

処方薬でよく出されるモーラスに着目し、パップ剤とテープ剤の違いについて説明します。

この2つの違いとして、色、1日に貼る回数、かぶれやすさ、はがしやすさ、はがれやすさ、貼る場所によって使い心地が異なる、においの有無、急性の痛みか、慢性的な痛みか、水分が含まれているかどうか。

以上のような違いがあります。

要指導・第一類医薬品は他の分類と何が違う? 医薬品の区分と効果の違いについて徹底解説

医薬品の区分と効果の誤解について説明します。

要指導・第一類医薬品は定義上、副作用・相互作用などの項目で安全性上特に注意を要しなければいけない薬です。

お客さんは要指導、第一類医薬品は効き目が強く、怖い薬かもしれないと認識を持つ人が多いです。

今回はそのような誤解を解くため、要指導・第一類医薬品について説明します。

【IPって何?】『消毒用エタノール』と『消毒用エタノールIP「ケンエー」』の違いについて徹底解説

消毒用エタノールと消毒用エタノールIP「ケンエー」の違いについて説明します。

健栄製薬さんから販売されている消毒液の商品で、消毒用エタノールと消毒用エタノールIP「ケンエー」があります。

見た目と名前が似ていて、お客さんからは何が違うのかよく質問されます。

これら2つの商品の効果はほとんど差がありませんが、値段が違います。

【ワーファリン・DOAC】ワーファリンはもう古い? ワーファリンとDOACの違いについて徹底解説

ワーファリンとDOACの違いについて説明します。

血液をサラサラにする薬の代表格、ワーファリン。

昔からある薬であり、現在でもかなりの量が処方されています。

最近ではワーファリンに代わり、DOACの処方が目立ってきています。

一般的にはDOACの方が優れているという見解が多いのですが、いまだにワーファリンは使われています。

【胃薬・違い】『セルベックス』と『ムコスタ』の違いについて徹底解説

『セルベックス』と『ムコスタ』の違いについての記事です。

ムコスタ:一般名はレバミピド 、セルベックス:一般名はテプレノン。

どちらも胃粘膜を保護する薬です。

細かい作用機序は違いますが、胃粘膜を守るという目的でどちらも使われます。

これら2つの胃薬は何が違うのか、どのように使い分けるのかを説明します。

ムコダインとムコソルバンをなぜ併用する? 去痰薬の違いについて徹底解説

去痰薬の違いについて説明します。

去痰薬はかぜの季節になるとよく出される薬です。

ムコダインとムコソルバンは名前が似ていて、一緒に出されることも多いです。

患者よってはなぜ痰の薬を2種類も飲まなければいけないのかと疑問に思う人もいます。

今回は主な去痰薬3種類、ムコダイン、ムコソルバン、ビソルボンについて解説します。

【命の母シリーズ】 命の母Aと命の母ホワイトの違いについて徹底解説

命の母Aと命の母ホワイトの違いについて説明します。

どちらも女性用の薬で、名前が似ています。

Aとホワイトの違いしかありません。

主にAは更年期によるホルモンバランスの乱れの症状に、ホワイトは生理・妊娠・出産などのホルモンバランスの乱れに使われます。

どちらも主成分は生薬やビタミン類です。

【リンデロンの種類・違い】 強さ? ランク? リンデロンシリーズついて徹底解説

リンデロンの種類・違いについて説明します。

リンデロンと一言で言っても、リンデロンにはたくさんの種類があります。

リンデロンDP、V、VG、A、Vsの5種類ものリンデロンがあります。

リンデロンの違いに関してはよく聞かれる質問です。

これらのリンデロンシリーズの各種使い分けと違いについて説明します。

【切迫流産・早産治療薬一覧】 ウテメリン・ズファジラン・ダクチルの違いについて徹底解説

切迫流産・早産治療薬の使い分けについてです。

切迫流産・早産治療薬の代表的なものはウテメリン、ズファジラン、ダクチルの3種類があります。

いずれも同じ用途で使われますが、ある条件で使い分けがされます。

その条件を知らなければ、禁忌に該当するものもあり、とても危険です。ウテメリン、ズファジラン、ダクチルについての説明です。

 

Posted by Mr.T