【ビオフェルミンR?S?】ビオフェルミンの違いについて徹底解説

2021/8/03(火)

 

 
こんにちは。Mr.Tです。
今回はビオフェルミンの違いについてです。
 

ビオフェルミン。  

医療用、OTC(市販薬)のどちらともビオフェルミンは存在します。

厳密にいうと「ビオフェルミン」の頭かお尻に何かついているのですが、患者さんやお客さんはそんなことは知ったことではありません。

すべてビオフェルミンです。

「ビオフェルミン下さい」

と言われることが多いのですが、どのビオフェルミンなのか口頭ではわかりません。

お店で買ったのであればビオフェルミンRではないことは確かです。

様々なビオフェルミンがありますが、一体何が違うのでしょうか。

今回は医療用のビオフェルミン錠・散、ビオフェルミンR、一般的なOTCの新ビオフェルミンSについて説明していきます。  

 

4種類で何が違う?

答えは単純です。

すべてお腹の症状、整腸作用に使いますが、ビオフェルミンRだけ抗生物質と一緒に飲む薬です。

他の2つは抗生剤と併用しなくても構いません。

医療用なので、OTCではビオフェルミンRは販売されていません。

そもそもOTCで飲み薬の抗生物質は販売されていないので。  

1種類ずつ細かく見ていきます。  

ビオフェルミン錠

効能・効果

腸内菌叢の異常による諸症状の改善  

成分

ビフィズス菌  

作用機序

ビフィズス菌は腸内で増殖し、乳酸と酢酸を産生して腸内菌叢の正常化をはかり、整腸作用をあらわす。  

ビオフェルミン配合散

効能・効果

腸内菌叢の異常による諸症状の改善  

成分

  • ラクトミン
  • 糖化菌

作用機序

本剤の乳酸菌は腸内で増殖し、乳酸等を産生して腸内菌叢の正常化をはかり、整腸作用をあらわす。

ビオフェルミンR

効能・効果

下記抗生物質、化学療法剤投与時の腸内菌叢の異常による諸症状の改善

ペニシリン系、セファロスポリン系、 アミノグリコシド系、マクロライド系、 テトラサイクリン系、ナリジクス酸  

成分

耐性乳酸菌  

作用機序

耐性乳酸菌は抗菌剤存在下においても増殖し、乳酸等を産生することにより腸内菌叢の異常を改善して、整腸作用をあらわす。  

新ビオフェルミンS

効能

整腸(便通を整える)、軟便、便秘、腹部膨満感  

成分

  • コンク・ビフィズス菌末:主に大腸にすみつき、乳酸と酢酸をつくり、整腸効果をたかめます。  
  • コンク・フェーカリス菌末:主に小腸にすみつき、すばやく増えて乱れた腸内フローラを整えます。  
  • コンク・アシドフィルス菌末:主に小腸にすみつき、乳酸を多くつくり、有害菌を抑えます。  

作用機序

3種乳酸菌(ビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌)が生きたまま腸に届いて増え、整腸に役立ちます。  

指定医薬部外品です。  

 

使い分け

4つのビオフェルミンを説明しましたが、同じビオフェルミンでも成分が違いますね。

ビオフェルミンRは抗生物質や化学療法に対する体制を持つ耐性乳酸菌を含有している為、抗生物質を服用しなければならないときに同時に処方され、腸内細菌のバランスを改善し、整腸作用をあらわします。

新ビオフェルミンSはビオフェルミン錠に2つの成分を加えたもので、その乳酸菌に抗生物質や化学療法に対する耐性がありません。

したがって、抗生物質服用時に服用しても効果がありません。

もちろん、抗生物質などを服用しない場合であれば、新ビオフェルミンS、ビオフェルミンでも整腸作用があるので軟便、便秘、腹部膨満感などの諸症状に効果があります。 

 

分類 製品名 成分
OTC 新ビオフェルミンS コンク・ビフィズス菌末
コンク・フェーカリス菌末
コンク・アシドフィルス菌末
医療用 ビオフェルミン錠 ビフィズス菌
ビオフェルミン配合散 ラクトミン
糖化菌
ビオフェルミンR 耐性乳酸菌

 

まとめ

薬剤師にとっては常識ですね。

しかし、処方薬に詳しくない登録販売者やお客さんにとっては全て同じビオフェルミンなのです。

抗生物質と一緒に飲むかどうかの違いですが、患者さんやお客さんが現在どのような状態なのかわかりません。

詳細な聞き取りをしないと誤ったビオフェルミンをオススメしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

「医薬品の違い・比較」の関連記事

  1. 【アレジオン点眼液の違い】アレジオンとアレジオンLXの違いについて徹底解説
  2. 【IPって何?】『消毒用エタノール』と『消毒用エタノールIP「ケンエー」』の違いについて徹底解説
  3. 【鉄剤・違い】 フェロミアとフェロ・グラデュメットの違いについて徹底解説
  4. 【パップ剤とテープ剤の違い】貼り薬の種類と違いについて徹底解説
  5. 【冷湿布・温湿布】 冷感タイプと温感タイプの湿布の違いと使い分けについて徹底解説

 

 

参考文献:

  1. ビオフェルミン各種添付文書
  2. https://www.biofermin.co.jp/products/biofermin_s_jou/?utm_source=all_yss&utm_medium=cpc&utm_content=s002