医薬品

【うがい薬の違い】うがい薬と言えばイソジン? ポビドンヨードとアズノールの違いについて徹底解説

2021/1/05(火)

 
こんにちは。Mr.Tです。
今回はうがい薬の違いについてです。
 

うがい薬の違い。

うがい薬として有名なイソジン

傷の消毒などでも使われます。

うがい薬としてイソジンの目的をしっかりと理解していればいいのですが、

「うがい薬と言えばイソジン!」

という固定観念を持っている人が多く、なんでもかんでもイソジンを使う人が多い印象があります。

うがい薬はイソジン以外にもアズノールがあります。

これら2つのうがい薬は、同じうがい薬でも用途が全く異なります。

具体的に何がどう違うのでしょうか?

今回はうがい薬の違いについて説明していきたいと思います。

 

うがい薬の種類

イソジン

一般名:ポビドンヨード

消毒や感染予防を目的として使われます。

イソジンは細菌に対する殺菌効果やウイルスに対する不活化効果があり、喉が荒れているなど普段よりも細菌・ウイルスに感染しやすくなっている状況で使われます。

また、口や喉に付着した異物・微粒子を洗い流し、除去する目的でも使用されます。

すでに痛みや炎症が起こっているときに使っても、痛みをとったり炎症を抑える作用はありません。

あくまで消毒や感染を予防するものだと思った方がいいでしょう。  

アズノール

一般名:アズレン

炎症を抑えたり、傷の治癒を促すために使われます。

口内炎や咽頭炎など、口や喉の粘膜に炎症・傷ができているときに使います。

かぜをひいてOTCを買いに来たときは、すでに炎症が起きている場合が多いのでアズノールを選択する方がベターです。

アズノールはイソジンと比較してどちらかというと治療薬に近いです。

 

うがいの方法の違い

イソジン

まず口をすすぎ、口の中の細菌・ウイルスを消毒します。

そのあとで喉の奥でガラガラうがいをしてください。

時間は30秒以上が目安です。

アズノール

炎症や傷のある部分に薬が接触するようにうがいをします。

喉の奥が腫れているのであれば喉の奥でガラガラ、口内炎ができている場合は口をすすぐようなうがいをしましょう。

日常的なうがいに薬は不要

うがいは水道水であっても正しい方法で行えば薬は必要ありません。

正しいうがいとは、1回15秒以上を連続3回、これを最低でも1日に3回行う方法です。

 

OTC

イソジン

アズノール

どちらもOTCで購入することができます。

イソジンポビドンヨード
アズノールアズレン

という成分が入っているものを選びましょう。

 

まとめ


  • イソジンは消毒・殺菌
  • アズノールは炎症を抑える 
  • うがいの方法が異なる
  • どちらもOTCで販売されている 

 

感染予防のためにイソジンを使うのは問題ないのですが、イソジン過剰に使ってしまうとヨウ素が体内に蓄積されてしまい、ヨウ素の過剰摂取の危険があります。

特に妊婦さんは注意しましょう。

普段の感染予防であれば水うがいでも十分に効果が出ることが証明されています。

何事もやりすぎはいけません。

うがい薬を買う時は自分が現在どのような状態で、どのような症状なのかをしっかりと相談した上で購入しましょう。

 

妊娠関連の記事はこちらから

妊娠中のアルコール・タバコ・カフェインはダメ? 妊娠と嗜好品の関係について徹底解説
妊娠中のアルコール・タバコ・カフェインはダメ? 妊娠と嗜好品の関係について徹底解説

続きを見る

 

ザイロリックを使ったうがいに関する記事はこちらから

アロプリノールのうがいで口内炎治療? ザイロリックガーグルについて徹底解説
アロプリノールのうがいで口内炎治療? ザイロリックガーグルについて徹底解説

続きを見る

 

「病原微生物」の関連記事

  1. 【クラバモックスの溶かし方】分包したら大惨事! 分包品のクラバモックスの調剤方法について
  2. 【オグサワ処方】オーグメンチンとサワシリンの併用療法について徹底解説~なぜアモキシシリンが重複?~
  3. 【IPって何?】『消毒用エタノール』と『消毒用エタノールIP「ケンエー」』の違いについて徹底解説
  4. 抗生物質の副作用で下痢がひどい… 抗生物質での副作用の対処法について徹底解説
  5. タミフルドライシロップが入手困難な場合に脱カプセルで自家製剤加算が取れる?

 

 

参考文献: 薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100 [児島悠史]

5

この本の対象者

・薬剤師
・服薬指導をレベルアップしたい人
・薬の使い分けを知りたい人
・同種同効薬の違いを知りたい人

調剤業務に携わる人には必携の参考書です。

非常にわかりやすく説明されており、服薬指導時によく聞かれる質問が満載です。

薬の使い分けに関しては患者さんからよく聞かれるので、この本に書かれている知識ぐらいは最低限欲しいところです。

文章が平易で、イラストや図も多いので新人や調剤初心者、ブランクがある人にもオススメです。

非常にわかりやすく解説されていますが、ボリュームが多いので興味があるところから読んでいきましょう。

Mr.Tが自信を持ってオススメできる一冊です。

 

POINT

・服薬指導時によく聞かれる質問をわかりやすく説明
・同種同効薬の使い分けを説明
・現場ですぐに使える内容が満載
・参考文献もしっかりと掲載

 

Mr.Tの図書館へ

-医薬品
-, , ,