医薬品

知らなければ過誤確定! 1シートが10錠ではない薬について徹底解説

2021/4/03(土)

 
こんにちは。Mr.Tです。
今回は1シートが10錠ではない薬についてです。
 

1シートが10錠ではない薬。

ほとんどの薬が1シート10錠で作られています。

中には「ウィークリーシート」と言い、1シート14錠で作られているものもあり、1シート10錠と併売されているものもあります。

中には6錠、8錠シートなどもあり、ほとんどの人が1シート10錠という固定観念を持っている為、たまに1シート10錠以外の薬をピッキングする時に高確率で過誤をします。

知識がないと過誤に繋がるのです。

今回は1シート10錠ではない薬についてまとめてみました。

10錠と14錠を併売している薬はたくさんあるので省きます。 

 

1シート 6錠

  • イミグラン錠50
  • オーグメンチン配合錠125SS/250RS
  • ジスロマック錠250mg
  • ゾーミッグRM錠2.5mg
  • バルトレックス錠500
  • ファムビル錠250mg
  • ファリーダックカプセル10mg/15mg
  • ホスレノールチュアブル錠500mg
  • マクサルト錠10mg

 

1シート 8錠

  • エフィエント錠5mg
  • ゼルボラフ錠240mg
  • リアルダ錠1200mg

 

1シート 8カプセル

イトリゾールカプセル50

 

1シート 12錠

  • SPトローチ0.25mg「明治」
  • 重曹錠500mg「マイラン」
  • ヘモリンガル舌下錠0.18mg

 

1シート 12カプセル

リパクレオンカプセル150mg

 

1シート 15錠

  • オプスミット錠10mg
  • タチオン錠50mg/100mg

 

1シート 20錠

エクセラーゼ配合錠

 

まとめ

非常に厄介ですね。

過誤の元です。

6錠シートであればあまり間違えないのですが、8錠シートは10錠シートと大きさも近く、非常に間違いやすいです。

何も考えずに調剤すると必ず間違います。

知識があれば問題ないのですが、初めて触る薬などは特に注意しなければなりません。

 

Mr.Tもバルトレックスリパクレオンカプセルでやらかしました…
その時は先輩が止めてくれて、過誤にはならなかったのですが…

 

知っていれば調剤する時に自然と頭に引っかかります。

それには経験と知識が必要ですので、時々1シート10錠以外の薬を振り返るようにしましょう。

また、ここには載っていない薬や新しい薬が発売されたら随時更新していきます。

何か情報がありましたら教えてください。

 

「一覧・まとめ」の関連記事

  1. 【2021年度版】 オーソライズド・ジェネリック(AG)一覧
  2. 【処方箋・略語一覧】v.d.S.? v.d.E.? 処方箋の略語を一覧にしてまとめてみた
  3. 【一包化加算料金一覧表】 薬の一包化加算の料金についてまとめてみた
  4. 【公費一覧】 公費の一覧と複数の公費の優先順位についてまとめてみた
  5. 2021年(令和3年)5月1日より長期投与が可能な薬を一覧にしてみた

 

 

-医薬品
-