医薬品

【薬の使用期限】この薬はいつまで使える? 薬の使用期限の調べ方について徹底解説

2021/6/26(土)

 
こんにちは。Mr.Tです。
今回は薬の使用期限についてです。
 

薬の使用期限。  

患者さんからよく聞かれる質問です。

「この薬はいつまで使えるの?」  

基本的に医師は薬を必要な分処方するのですが、体調が改善したり、薬が変更になったり、あるいは残薬が発生したりなどで薬が余ってしまうことがあります。  

ある日飲み残しの薬を見つけて

「この薬はまだ使えるのか?」  

と、疑問に思う患者さんが多いことは事実です。

よく電話がかかってきて、期限を聞かれます。  

今回は薬の使用期限について説明していきます。  

 

Lot.番号を調べる

薬にはLot.番号という、製造番号が記載されています。

その薬が、いつ、どこで製造されたかを表す番号です。

薬の箱には必ず記載されているのですが、薬には記載されていないものもあります。

「端数の1錠しか手元にない」

という場合でLot.番号がわからない場合は、使用期限を判別することができません。  

 

Lot.番号がわかる場合

Lot.番号から使用期限を検索することができます。

Mr.Tが薬局で使用しているソフトは、いつ、誰に、何を調剤したか検索できる機能があるのでとても便利です。

きちんと期限順に調剤した場合の話ですが…

Lot.バックまでは考慮に入れていません。

そのようなソフトが導入されている場合、患者さんから質問されたときにいつ調剤したものかを聞き取ることができればすぐに解決できるでしょう。

そのようなソフトがない場合、ネットでも調べることができます。

例えば【ランソプラゾールOD錠15mg「サワイ」】のLot.番号がわかる場合、沢井製薬のホームページに「使用期限検索」のページがあるので、ここに医薬品名とLot.番号を入力すると使用期限がわかります。

他のメーカーにもこのような使用期限検索のページがあるところが多いので、製造した会社、医薬品名、Lot.番号がわかればネットから調べることができます。

使用期限検索 | 沢井製薬 (sawai.co.jp)  

Lot.番号がわからない場合

残念ながら期限を調べることができません。

大抵の錠剤であれば3年ぐらいは持ちますが、保管状況にもよりますし、回転率の問題もあるので期限が近い薬が調剤された可能性もあります。

他の薬局で調剤されたものに関してはどのような管理をしているかわからないので、使用期限を回答するのはLot.番号がわからないと不可能です。    

 

錠剤

上記の方法でLot.番号で判断します。

一般的には製造されてから3年ぐらいはもちますが、薬、薬局の調剤方法によっても違ってくるので一概には言えません。

保管方法によっても使用期限は変わってくるので注意しなくてはいけません。

直射日光がガンガン当たって湿気が多いところに保管しているものは、薬以外でもすぐにダメになることはわかりますよね…

薬は室温保管が多いのですが、冷所で保管するものもあります。 

室温は1~30℃なので、夏場は30℃を超えますよね。

一夏超えた薬は個人的には使わない方がいいと思います。

 

温度に関する記事はこちらから

【薬の温度管理】室温って何度? 薬の管理に関する温度について徹底解説
【薬の温度管理】室温って何度? 薬の管理に関する温度について徹底解説

続きを見る

 

液体

シロップや点眼薬、点鼻薬などの液体関係は、使用期限そのものよりも開封後の細菌汚染が問題となってきます。

点眼薬の先がまつ毛についてしまったり、点鼻薬は鼻の中に入れて使用します。

いくら清潔に使っていても雑菌は入ってくるので一度開封し、使わなくなったものは使用しない方がいいです。

子供などにはかぜ薬でシロップがよく出され、お母さんからよく

「取っておいてもいいですか?」
「どれぐらいもちますか?」

と、質問されることも多いのですが、 基本は服用を中止したら廃棄してください。

かぜ薬のシロップは数種類の薬を混合することが多く、その安定性は正直わかりません。

また、子供の薬は体重で処方量を計算しているため、成長が速い子供に過去に出た薬を飲ませても効果がきちんと出るかはわかりません。  

カロナールシロップ単剤ぐらいだったら冷蔵庫に保管して1ヶ月ぐらいは平気だと答えてますが、根拠は正直ありません。

室温でももっと期限はもちますが。

 

目薬の使用期限についての記事はこちらから

開封後の目薬の使用期限はいつまで? 目薬の使用期限について徹底解説
開封後の目薬の使用期限はいつまで? 目薬の使用期限について徹底解説

続きを見る

 

散剤

P/L配合顆粒みたいに、予めパックされたものであれば錠剤と同じようにLot.番号で見ればOKなのですが、薬局で分包されたものは正直わかりません。

湿気が一番気になります。

薬局では分包する前の散剤は基本的に瓶や袋に入っていますが、完全な密封ではないので周りの水分もいくらかは吸っていると思うのですが…

分包紙でパックされたものも完全な密封ではないので永遠には持ちません。

散剤は取っておくようなことはしない方がいいと思いますが。 

 

軟膏・クリーム

チューブであれば錠剤と同じようにLot.を見ればOK。

しかし、保管方法には気をつけましょう。

複数の薬を混合したときは注意した方がいいです。

薬によって成分・添加物が違ってくるので、いつまで持つか判断するのが難しいのです。

成分は双方同じでも、「先発 × 先発」は混合OK、「ジェネリック × ジェネリック」ではダメというものも多いです。  

混合して1ヶ月程度であれば問題ないと思いますが、それ以上は保証はできません。

匂い、色が変わってきたら確実にアウトだと思っていいでしょう。  

 

テープ・パップ

基本的には錠剤と同じです。

テープ・パップには保管する袋に使用期限が書かれています。

保管する袋をなくしてしまった場合はどうすることもできませんが…

処方される時に多めに貰い、使わなくなって残薬というパターンが非常に多く、1回の処方量が70枚制限もされたぐらいです。

 

湿布関連の記事はこちらから

【パップ剤とテープ剤の違い】貼り薬の種類と違いについて徹底解説
【パップ剤とテープ剤の違い】貼り薬の種類と違いについて徹底解説

続きを見る

【湿布・70枚制限】湿布を70枚より多くもらうには理由が必要? 湿布薬の70枚制限について
【湿布・70枚制限】湿布を70枚より多くもらうには理由が必要? 湿布薬の70枚制限について

続きを見る

 

まとめ

薬の使用期限の問題は難しいです。

しかし、かなりの確率で聞かれます。

シロップや散剤などは、はっきりと判断できるものがないので正直厳しいです。

薬剤師によっても言うことが違ってくると思います。

症状が治まり、服用を一度中止したものは再度飲まないほうがいいと患者さんにきっちり説明することも必要です。

体調の変化、体重、保管状況などをしっかりと説明できれば患者さんも納得するでしょう。  

 

期限の関連記事

【精製水】開封後の精製水の保存期限は? 期限が切れたら他の使い道は?
【精製水】開封後の精製水の保存期限は? 期限が切れたら他の使い道は?

続きを見る

処方箋の期限が切れたらどうする? 期限切れの処方箋の対応方法について徹底解説
処方箋の期限が切れたらどうする? 期限切れの処方箋の対応方法について徹底解説

続きを見る

開封後の目薬の使用期限はいつまで? 目薬の使用期限について徹底解説
開封後の目薬の使用期限はいつまで? 目薬の使用期限について徹底解説

続きを見る

 

 

以下の記事もご覧ください。

 

 

  オリジナルコンテンツ数No1!【ABEMA】

-医薬品
-