ドラッグストア

【ドラッグストア・退職】思ってたのと違う? ドラッグストアを退職する理由について

2021/4/17(土)

 

Mr.T

こんにちは。Mr.Tです。
今回はドラッグストアを退職する理由についてです。

 

ドラッグストアに入社して来てすぐにやめてしまう人はたくさんいます。

その人たちがよく言う言葉が

 

「思ってたのと違ったので…」

 

特に中途で入ってきた人ほどこの言葉を使う人が多いです。

新卒で入社してきた人も「あれ?何か違うな」と感じてやめていく人が多いですが、中途の方が前職とのギャップとに違いに戸惑い、すぐにやめる人が多いような気がします。

 

今回はドラッグストアを退職する理由について考えてみました。

 

薬剤師

病院や調剤薬局の経験がある人ほど、ドラッグストアとのギャップに着いていけずにやめてしまいます。

 

薬剤師=調剤だけをする

 

という固定観念が強い人が多いのです。

 

また、

 

「ドラッグストアは楽だろう」

 

という気持ちで入ってくる人が多いことも事実です。

 

門前薬局でバリバリ枚数をこなしていた人は、ドラッグストアの一日の処方箋枚数をみて舐めてかかってくる傾向があります。

 

しかし、ドラッグストアの薬剤師は調剤だけが仕事ではありません。

レジ打ち品出し、OTC、コンタクト、売り場づくり、発注、POP作成、力仕事、クレーマー対応などなど。

ドラッグストアの薬剤師はやる事が多いのです。

 

実際に仕事をしてみて調剤業務以外のことができなくてリタイアしていく人が多いです。

これが「思ってたのと違う!」に繋がっていくわけです。

 

 

登録販売者

登録販売者は資格を取得し、一般社員とは違ってOTCの接客が可能です。

給料も登録販売者の手当がつくので少し高めです。

だからこそ他の社員とは違い、OTCの接客や薬関係の仕事に力を入れたいと思うのは当然のことです。

 

しかし、OTCなどの薬関係の仕事だけをするわけにはいきません。

レジ打ちはもちろん、雑貨や食品などの一般社員の仕事も継続して行います。

ドラッグストアの仕事 + OTCの接客という形ですね。

 

「せっかく登録販売者の資格を取ったのに薬の仕事がなかなかできない」

 

と不満に思う人が多いです。

あくまで登録販売者はドラッグストアの店員の一部です。

 

薬関係の仕事だけをやるというのは不可能です。

 

また、責任者になると店の鍵開けやお金の管理をしている登録販売者もいます。

 

こうなってしまうと完全に薬関係の仕事は後手になってしまいます。

 

店長などの役職に就きたい人は登録販売者の資格は必須です。

将来、昇進したい人でまだ登録販売者の資格を持っていない人は早めに取得しましょう

 

Mr.T

登録販売者の資格取得はユーキャンの登録販売者講座がおすすめです。

クリックするとユーキャンの公式サイトへ飛びます。
資料請求は無料です。

 

ビューティーアドバイザー(BA)

資●堂などガチの化粧品会社で働いていた人、デパートの化粧品売り場を想像して入ってくる人ほど現実とのギャップに着いていけずにやめてしまいがちです。

 

BAでも薬剤師編と同じようにレジ打ち、品出し、OTC、コンタクト、売り場づくり、発注、POP作成、力仕事、クレーマー対応などの仕事はしなければいけません。

 

また、多数の化粧品メーカーの商品を覚えなければなりません

資●堂、カネ●ウ、K●SE、ソ●ィーナ…他多数。

 

Mr.Tは薬剤師ですので化粧品のことは詳しくはないのですが、マスカラ1本にしても、1社でもたくさんあるのに他の会社のものまで網羅しなければなりません。

覚えることがたくさんあります。

 

化粧品以外の商品も知っていなければいけませんし、登録販売者の資格を取るように会社からはプレッシャーをかけられます

取得すると自然にOTCの接客を任せられます。

BAなのに薬の知識まで求められるのです。

 

化粧品のことだけやるというのは不可能です。

 

また、責任者になると店の鍵開けやお金の管理をしているBAもいます。

 

こうなってしまうと完全に化粧品の仕事は後手になってしまいます。

 

関連記事
ドラッグストアの美容部員(化粧品担当)になるには? ノルマや資格など徹底解説
ドラッグストアの美容部員(化粧品担当)になるには? ノルマや資格など徹底解説

 

社員共通

給与・福利厚生

給料面や福利厚生が不満で退職する人が多いです。

なかなか昇給しづらく、残業で稼ぐことができなくなったことにより生活が苦しくなった人もいます。

今までは残業でカバーしていた分も国や会社に残業時間を規制されてしまったので、これからの時代、残業代で稼ぐのは不可能でしょう。

 

また、福利厚生に不満を持っている人もいます。

Mr.Tの会社はそこまで福利厚生は悪くないのですが、例えば「社員販売」という制度があり、社員であれば買い物をしたときに少し割引してくれる制度があります。

商品によりますが、昔はかなり割引してくれたのに、現在は昔に比べると割引率が低くなってしまいました。

 

中には社員販売で安く仕入れ、転売してしまうという人もいたのでその対策も兼ねていると思いますが、昔を知っている人、真面目に働いている人から見ると損した気分になりますね。

 

関連記事
残業時間・削減方法
一人当たり月に約20時間カット! 薬局での残業時間を減らす方法について徹底解説

 

人間関係

人間関係が原因でやめてしまう人が非常に多いです。

同じ職場に嫌や同僚がいる、上司と合わないなど…

 

パートやバイトは基本的に一つの店舗で働くので、嫌な人がいるとなかなか逃げることが難しいです。

社員だとドラッグストアでは異動が頻繁に行われるので、人間関係で悩んでいる人は異動届を出すという手もあります。

 

しかし、パワハラなどの嫌がらせをしてくる人はどこにでもいます。

現在の環境が良くても異動や新規で入ってきた人がすべてをぶち壊す可能性も高いです。

 

関連記事
ドラッグストア・人事異動
ドラッグストアの社員は異動が多い? 人事異動の頻度やメリット・デメリットを解説

 

休日・有給休暇

ドラッグストアは年中無休が多いので、祝日やGWは関係ありません。

土・日休みではないのが嫌だという人も一定数います。

お子さんがいる家庭では土・日休みを希望する人が多いでしょう。

しかし、シフト制なのでなかなか希望通りにいくことはありません。

 

また、有給休暇もなかなか取りづらい環境にあります。

どんどん人件費削減のために人員が削られ、自分の代わりに出勤してくれる人がなかなか見つからないという状況が多いです。

 

もっと詳しく

 

仕事内容のやりがい

やりがいを感じられないと言ってやめていく人が多いです。

仕事に慣れてくるとマンネリ化してきて面白くないと感じる人が多いからです。

 

新しいことにチャレンジしていくことが大切ですが、なかなか現在の労働環境では難しいでしょう。

薬剤師であれば調剤だけでなく、調剤室の外に出て地域のイベント活動に参加するなども一つの選択肢です。

 

登録販売者やビューティーアドバイザーは普段の接客の延長でコンクールなどがあるので、コンクールで他店と競い合うのもモチベーションアップに繋がります。

 

Mr.T

Mr.Tはコンクールは嫌いですがね~

 

もっと詳しく

 

会社の安定性・将来性

会社の安定性や将来性に不安を感じている人もいます。

ドラッグストア業界は現在好調ですが、たくさんの会社があり、群雄割拠の時代です。

M&Aや合併で勢力を拡大している会社も多く、様々な思惑の人がいるので全員が同じ方向を見ているとは限りません。

外から見て売上は好調でも、会社の方針ややり方・内部事情を見ると会社の安定性や将来性を不安に感じてやめる人が多いです。

 

関連記事
【M&A】大きくなるだけが正義か? 現場からみたM&Aのメリット・デメリットについて
【M&A】大きくなるだけが正義か? 現場からみたM&Aのメリット・デメリットについて

 

仕事に対する評価

仕事に対して正当に評価してもらえないと思っている人が非常に多いです。

評価するのはあくまで上司。

これだけ一生懸命頑張っているのに昇給も昇進もできないという人がたくさんいます。

 

頑張っている方向性が違うという人もいますし、上司や会社がポンコツで評価する気が無いという可能性もあります。

 

この問題に関しては一概に上司や会社が悪いとは言えません。

 

関連記事
何でお前が評価するんだ!? 評価者に対しての不満とMr.Tの実例
何でお前が評価するんだ!? 評価者に対しての不満とMr.Tの実例

 

経営理念・社風

会社の経営理念や社風が合わずに苦労している人もいます。

自分はもっとこうしたいと思っても、会社の方針と違えば自分が思うように仕事はできません。

 

薬剤師だと独立して開業するパターンが多いですね。

 

職場環境

毎日働く職場環境が悪いという理由もあります。

人間関係もそうですが、店舗の設備などに不満を感じている人も多いです。

 

また、勤務時間の問題などもあるでしょう。

どうしてもドラッグストアはシフト制で勤務時間が固定できないこともあります。

 

Mr.T

トイレ環境や休憩スペースの備品など、気になるところはたくさんあります。
古い店舗ほど設備が古くて汚い可能性が高いです。

 

希望の勤務地でない

ドラッグストアでは異動が頻繁に行われるので、自分が希望している勤務地ではない可能性があります。

自宅から遠い、調剤が無くOTC専門の店舗など。

異動は社員のレベルアップを図るためという目的もありますが、退職させたい人を遠くに追いやるというウラの理由もあるので…

 

体調の問題

体調を崩してやめてしまう人が多いです。

Mr.Tも何人も見てきました。

 

オーバーワークやストレスで休職 → 退職という流れが非常に多いです。

頑張り屋さんに多い傾向があります。

 

体調管理は非常に重要です。

体を壊してしまっては元も子もありません。

壊す前にヘルプを求めるか、転職してしまった方がいいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

現実と理想のギャップに耐えられず、やめてしまう人が多い一部の理由を挙げてみました。

 

退職する理由は人それぞれです。

じっくり考えた結果、退職する決意に至って実行に移すのはいいと思いますが、単純に今の会社が嫌だからと言って何も考えずに退職するのは一度思いとどまった方がいいでしょう。

退職したとしても次の会社でも同じような境遇に合う可能性があります。

 

今の会社を続けるにしてもやめるにしても、自分が後悔ない選択をしたいですね。

 

「ドラッグストア」の関連記事

  1. 新人薬剤師・登録販売者必見! ドラッグストアでの接客の上達方法を徹底解説
  2. レジなんて大っ嫌い! ドラッグストアのレジやりたくない問題についての個人的見解
  3. ドラッグストアに転職・入社を考えている人必見! ドラッグストアの仕事内容について徹底解説
  4. ドラッグストアの調剤薬局事務の仕事内容・メリット・デメリットについて徹底解説
  5. ドラッグストアのビューティーアドバイザー(化粧品担当)の仕事内容について徹底解説

 

 

-ドラッグストア
-