ドラッグストアの調剤薬局事務の仕事内容・メリット・デメリットについて徹底解説

ドラッグストア・医療事務

 
こんにちは。Mr.Tです。
今回はドラッグストアの調剤薬局事務の仕事内容についてです。
 

ドラッグストアの調剤薬局事務。

ドラッグストアの中に薬局がある店舗だと「調剤薬局事務」が薬剤師と一緒に働いていることが多いです。  

薬局の調剤薬局事務なので、仕事内容は処方箋入力やレセプトなどと調剤薬局とさほど変わりませんが、ドラッグストアならではの仕事もしなければなりません。  

今回はドラッグストアの調剤薬局事務の仕事内容について説明します。

 

仕事内容

基本的にやることは毎日同じです。

しかし、月初や月末はレセプトの準備があるので忙しくなります。

今回は毎日の仕事内容月初・月末の仕事内容に分けて解説します。

毎日の仕事内容


  • 患者対応
  • 接客
  • 調剤の補佐
  • 開店準備
  • 店舗の商品の発注
  • 前日までの処方箋の整理、監査
  • 売上金の確認
  • 医薬品の検品・入庫・伝票の入力 
  • 医薬品の発注・在庫管理
  • 消耗品の管理
  • 閉店作業

 

患者対応

調剤薬局事務のメインの仕事です。

受付、処方箋入力、調剤補佐、会計などの仕事があります。

受付

患者さんから処方箋を預かります。

その際に保険証やお薬手帳等の有無を確認します。

受付の時点で確認しなければならないことがたくさんあります。

ドラッグストアの調剤では患者さんが処方箋を置いて買い物に行ってしまうことが多いので、

「確認したいことがあるのにどこにもいない…」

ということもしばしば。
店内を走り回る羽目になります。

受付で確認すべきことを以下の記事でまとめているので、しっかりと理解しておきましょう。

 

ドラッグストアの処方箋受付についての記事はこちらから

 

また、調剤薬局事務は患者さんが薬局で最初に対面する人である可能性が高いです。

受付の時点で悪い印象を与えてしまうと、薬局そのもののイメージが悪くなってしまうので注意しましょう。

処方箋入力

患者さんから預かった処方箋をレセコンに入力していきます。

患者情報や保険情報・処方内容などを間違いなく、正確に入力するスキルが必要になってきます。

最近では二次元コード(QRコード)付の処方箋が増えてきたので、処方箋を「ピッ」っとスキャンするだけで入力終了!と便利になってきています。

しかし、バーコードの中の情報が完ぺきではないので、どうしても訂正が必要な場合が多いです。

入力された内容と処方箋の内容の間違い探しをする必要があります。

タッチタイピングができなくても問題ありませんが、入力するスピードが速いに越したことはありません。

患者さんを待たせないため、業務を効率よく進ませるためにある程度の入力スピードは必要です。

 

タイピングについての記事はこちらから

 

調剤補佐

入力が終了したら調剤薬局事務の仕事は一段落です。

次の患者さんが来たら受付・入力に移りますが、待っている患者さんがいなければ調剤補佐に入ることがあります。

調剤薬局事務が複数人数いるところは、入力と調剤補佐を最初から分けている薬局もありますが。

調剤補佐ではピッキングや患者さんにお渡しするプリント類の整理などをして薬剤師の補佐をします。

シロップや散剤などの調剤行為は禁止されていますが、ピッキングはOKです。

薬剤師は物に対しての「対物業務」から人に対しての「対人業務」へのシフトチェンジを行っているので、薬剤師が投薬などで患者さんに時間を割けるように調剤薬局事務がフォローをします。

会計

投薬が終了すると調剤薬局事務がお会計をします。

入力などで忙しいときは薬剤師がお会計をしますが、ここは状況を見て判断します。

Mr.Tの薬局では基本的に薬剤師がお会計をしますが、混雑しているとき、忙しいときは調剤薬局事務にお会計を変わってもらい、薬剤師はどんどん投薬に行くようにしています。

あくまでも薬局の状況を見ながら判断しているので、薬剤師も調剤薬局事務も状況判断能力が必要です。

患者さんがいつくるか完全に予測することができないので、これらの仕事をメインにしつつ、空いた時間で以下の仕事をこなしていくことになります。 

接客

ドラッグストアなので、薬局の外のドラッグストアの商品の接客もしなければなりません。

主にOTC(市販薬)の接客が多いのですが、OTC以外の商品もよく聞かれます。

また、処方箋がそこまで多くない店舗だとレジ打ちで店舗に拘束されることもあります。

できれば薬局の中で他の仕事をしてもらいたいんですがねぇ。

開局準備

開局時間からスムーズに仕事ができるように開局の準備をします。


  • パソコンの電源ON 
  • 掃除
  • 備品の補充
  • のぼり旗の準備

 

などなど、やらなければならない仕事はたくさんあります。 

店舗の商品の発注・品出し

処方箋枚数が少ない店舗だと店舗の商品の発注や品出しもします。

午前に品出しをすることが多く、発注は調剤の空いた時間で済ませます。      

前日までの処方箋の整理、監査

前日までの処方箋の整理や監査を朝のうちに行います。

一日ごと、調剤日順に処方箋を分けて管理すると後で探し出すときに便利です。

Mr.Tの薬局では国保・社保・それぞれの公費・自費に分けて管理しています。

処方箋の監査は、基本は調剤した薬剤師以外の薬剤師が行うのですが、忙しくてできない場合は調剤薬局事務に任せます。

患者情報や保険情報、処方内容が間違いないかを確認します。      

売上金・帳簿の確認

前日の売上金の確認をします。

お金がズレていると厄介です。

お金を払った、払ってないというトラブルにならないように、売上金の確認はしっかりと行いましょう。

また、自賠責・労災などで患者さんがその場でお金を払わず、後日口座に振り込まれるような形を取る処方箋では帳簿の管理が必要です。

帳簿をしっかりと管理していないと、口座に入金されていないことに気づかないというトラブルが発生することがあります。        

医薬品の検品・入庫・伝票の入力

前日に発注した医薬品の検品をします。

検品とは、卸が持ってきた医薬品を伝票を読みながら間違っていないか確認する作業です。

検品が終わったら棚に医薬品を入庫し、伝票を見ながらパソコンに入力します。

比較的簡単な仕事なのですが、慣れてくるとついついミスしがちな仕事です。

検品に関しての注意事項の記事を以下にまとめたので一度読んでみてください。

 

検品に関しての記事はこちらから

医薬品の発注・在庫管理

足りない医薬品をオンラインや電話で卸に発注したり、在庫管理を任せることもあります。

在庫管理は薬剤師でもなかなか難しく、どの医薬品が必要、いらないかの判断を下すためにはある程度その薬局に在籍していないとわかりません。

パートの調剤薬局事務は基本的に一つの店舗に固定の人が多く、長く薬局に勤めているので就任したての薬剤師よりよく出る医薬品、あまり出ない医薬品に関しては詳しいかもしれません。 

消耗品の管理

コピー用紙や薬袋、輪ゴム、インクリボンなど、消耗品の管理をします。

消耗品は薬局の中のいたるところに存在しているので、注意深く見ておかないと業務に支障が出てしまいます。

閉店作業


  • パソコンの電源OFF
  • 簡単な整理・整頓、掃除 
  • のぼり旗をしまう
  • 売上金の確認  

 

などの閉店作業があります。

お金の管理に関しては夜にやるか、朝にやるかは店舗によって異なります。      

月初・月末の仕事内容

メインの仕事はレセプト業務で、お金に関わるとても重要な仕事です。

レセプトとは「調剤報酬明細書」のことです。

レセプトには患者さんの個人情報や保険情報、調剤内容などが記載されています。

このレセプトを患者さんごとにデータを作成し、1ヶ月ごとに支払機関に提出します。

レセプトをきちんと送れないとお金が入ってきません。

レセプトをきちんと送るために以下の仕事を行います。    

1ヶ月分の処方箋や伝票などの管理

処方箋や伝票は保管義務があります。

月ごとにきちんと分けて保管し、何かあった場合にすぐに取り出せるようにしておきましょう。

特に返戻などで過去の処方箋を引っ張り出してくることがあるので、ぐちゃぐちゃに保管すると後が大変です。

薬歴は現在は電子薬歴に移行している薬局が多いと思いますが、紙薬歴を利用している薬局もまだまだたくさんあると思います。

Mr.Tの会社は電子薬歴ですが、紙薬歴に患者さんの公費などのコピーした書類などを挟んで置いてあります。

これらの管理も月末にきちんと済ませておきます。 

レセプト請求の準備

レセプトをきちんと請求できるように以下のような準備をします。


  • 返戻の管理
  • 自賠責、労災などの請求書作成 
  • 生活保護の調剤券の請求  

 

生活保護に関しての記事はこちらから

 

レセプト請求

レセプトは月初の5日~10日までの間に請求します。

レセプトの準備がしっかりとできていればレセプトの請求は簡単です。

上手くいけば5分もかかりません。

しかし、準備が不十分だと受け付けてもらえず、何度も処方箋やデータの確認をしながら再度作り直して請求し直さなければなりません。 

 

資格を活かした仕事

調剤薬局事務は薬局の中だけが仕事場ではありません。

例えば管理栄養士の資格などを持っている人は、患者さんやお客さんに栄養指導をすることができます。

また、地域貢献としてイベントを開いたりする管理栄養士も増えてきています。

薬局の中の事務作業だけでなく、自分が持っている資格を活かした仕事をしている調剤薬局事務が増えてきています。 

 

調剤薬局事務の平均月収・年収

調剤薬局事務の平均年収は約270~320万円です。

しかし、資格の有無や雇用形態、勤務先の会社や薬局によっても違ってくるのでご注意を。

あくまで平均です。

ドラッグストアの調剤薬局事務はパートさんが多いのですが、少しずつ社員の調剤薬局事務も増えてきています。

資格や仕事内容によって給料が変わってきますし、昇給にも影響してきます。

 

調剤薬局事務の将来性

日本は超高齢社会です。

これから先、病院や薬局に通院する人は増えていくでしょう。

実際に処方箋の枚数や調剤薬局の数は増加傾向で、病院や調剤薬局は今後も需要があるので、調剤薬局事務の仕事がなくなることはないでしょう。

また、人件費の問題もあります。

薬剤師より調剤薬局事務の方が人件費が安いので、薬剤師より調剤薬局事務を雇う方が経営者としてはお得です。

さらに、薬剤師は対物業務から対人業務への切り替えが叫ばれており、薬剤師の補佐として調剤薬局事務の役割や負担が多くなっていくので、調剤薬局事務の需要がなくなることはここ数年ないでしょう。 

 

調剤薬局事務のメリット・デメリット

「大変だけど後々自分に役に立つ」など、メリットとデメリットは表裏一体です。

メリットとデメリットについては以下の通りです。

様々な知識やスキルが必要

パソコン入力や伝票管理などの事務作業はもちろん、保険の知識や最低限の薬に関しては覚えなければならず、様々な知識やスキルが必要になってきます。

上記で説明した仕事内容も多岐にわたるので、覚えるのが大変です。

一つ一つ理解しながら働くことが重要になってきます。

全ての仕事を不可なくこなせるようになるには時間がかかりますが、一度身につけてしまえばどこの薬局に行っても通用するような能力が身につきます。 

店舗によりやり方が異なる

当然ながら会社や店舗によって仕事内容や仕事のやり方は変わってきます。

同じ会社内でもエリア、管理薬剤師によって独自の色があります。

どうしても上司や管理薬剤師が先頭に立って指示を出す傾向があるので、調剤薬局事務が自由に、自分のやりたいように仕事ができることは少ないです。

どんな上司、管理薬剤師が来ても柔軟に対応できる力も必要です。

全国のどこでも仕事がある

薬局が無い県はありません。

県によってはドラッグストアで調剤という形態がまだ浸透していない所もありますが、調剤薬局事務のスキルを一度身につけてしまえばドラッグストアでも調剤薬局でも即戦力になります。

特にドラッグストアで調剤薬局事務を経験していれば調剤薬局に比べて仕事の幅が広いので、どこの薬局に行っても通用する実力を身につけることができます。

しかし、県によって算定要件や提出書類が異なることが多いので、きちんと違いを理解して頭の中を整理しないとわけがわからなくなります。

医療に詳しくなる

医療にかかわっていない素人が薬のことや保険のことを学ぶ機会は少ないです。

医療事務をやっていると自然と薬や保険に関して詳しくなります。

自分でも勉強して欲しいですが。

OTCの接客もしなければならないので、こちらも自然と知識やスキルが上がっていきます。

わからなければ薬剤師に聞けばいいので。

一番近くに一番薬について詳しい人がいるのでどんどん薬剤師を利用しましょう。

 

薬や保険の勉強はMr.Tの図書館

 

働き方が選べる

調剤薬局事務はパートが多いです。

がっつり正社員で週5、パートで週3で時短など、様々な働き方が選べます。

全国どこにでも求人はあるので、条件が合う薬局がきっとあるでしょう。

 

資格は必要?

資格は特に必要ありません。

薬や保険に関して全く知らなくても問題ありません。

事実、Mr.Tの周りにいる調剤薬局事務さんたちは全員資格なしで、ゼロから始めています。

それでも業務に支障がないぐらい、バリバリ働いてくれています。

しかし、まったくの無知からいきなり職場で働くのが厳しいのは事実です。

きちんと初めから教えてくれる人がいればいいのですが、どこの職場でも丁寧にゆっくりと教えてくれるとは限りません。

時間があるのであれば予備知識として保険やレセプトについて勉強したり、資格を取るためにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

薬局にとって調剤薬局事務を採用する時に、ある程度の知識を持った人が来るととてもありがたいですし、採用する確率もアップします。

調剤薬局事務の資格を持っているというだけでも印象アップですしね。

 

調剤薬局事務の資格取得はヒューマンの通信講座*たのまな『医療事務』 がオススメ。

資料請求は無料です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

何となくドラッグストアの調剤薬局事務の仕事内容は掴めたでしょうか?

調剤薬局の調剤薬局事務とほとんどやることは変わらないと思いますが、接客や発注・品出しなどのドラッグストアの仕事も並行して行うことが特徴です。

調剤薬局事務の仕事はルーティーンなので、慣れてしまえばそこまで難しくありません。

しかし、効率的に、スピーディーに行うためには様々なスキルが必要です。

特に処方入力で間違うとそのまま薬剤師がスルーする可能性が高く、過誤の元です。

処方入力ミスが薬局の中で一番多いミスだと思います。

調剤薬局事務の仕事は多岐にわたるので大変ですが、とてもやりがいがある仕事だと思います。

調剤薬局事務に興味がある人に少しでも役立てれば幸いです。 

 

ドラッグストアの関連記事

  1. 【処方箋枚数UP】薬剤師必見! 処方箋枚数を増やす方法について徹底解説
  2. 【薬局・処方箋受付】失敗すると大惨事! ドラッグストアの処方箋受付の注意点について
  3. 【P/L(損益計算書)】数字って難しい? ドラッグストアのP/Lの見方について徹底解説
  4. 思ってたんと違う! ドラッグストアを退職する人たちの理由について考えてみた~中途編~
  5. 育てても取られていく… ドラッグストアの教育の現状についての個人的見解

 

 

参考文献:調剤薬局事務の年収について詳しく解説!|平均年収.JP