「一覧・まとめ」の関連記事

2021/7/30(金)

 
こちらのページは「一覧・まとめ」の関連記事です。
 

「一覧・まとめ」のまとめ記事です。

学ぶことが多いと頭の中が整理できず、しっかりと理解・記憶することができません。

どれだけ覚えればいいのか、どれだけの情報量があるのかを一覧にすることで頭の中が整理されます。

医薬品・疾患・保険関係・パソコンなど、様々なカテゴリーの一覧表やまとめの記事をこのページでまとめています。

 

目次

カテゴリー「一覧・まとめ」の人気記事TOP5

  1. 【2021年度版】 オーソライズド・ジェネリック(AG)一覧
  2. 【処方箋・略語一覧】v.d.S.? v.d.E.? 処方箋の略語を一覧にしてまとめてみた
  3. 【一包化加算料金一覧表】 薬の一包化加算の料金についてまとめてみた
  4. 【公費一覧】 公費の一覧と複数の公費の優先順位についてまとめてみた
  5. 2021年(令和3年)5月1日より長期投与が可能な薬を一覧にしてみた

 

「一覧・まとめ」一覧

【一包化不可一覧】吸湿性? 遮光? 一包化不可の薬を一覧にしてまとめてみた

一包化不可の薬について一覧にしてまとめました。

吸湿性や光により成分が分解してしまうなどの理由で一包化できない薬があります。

一包化は患者さんにとって便利なものです。

飲み忘れや飲み間違いなどを防ぐことができ、コンプライアンスの向上につながります。

しかし、一包化の可否をその場ですぐに判断することは難しいです。

【公費一覧】 公費の一覧と複数の公費の優先順位についてまとめてみた

公費の一覧のまとめと、公費の優先順位についてまとめました。

公費は複数種類があり、中には併用する場合もあります。

公費には優先順位が決まっているので、複数の公費を併用する場合は優先順位が高い方を第一公費、次を第二公費、第三公費として使います。

処方箋に優先順位の記載があれば悩むことがないのですが、記載がないこともあります。

【2021年度版 処方日数制限一覧】 処方日数制限がある医薬品をまとめてみた

処方日数が制限されている医薬品についての記事です。

主に新医薬品、麻薬、向精神薬、覚醒剤原料が制限されています。

例えば不安・不眠などに使われる「デパス錠」は向精神薬で上限が30日と決められています。

31日分処方・調剤すると特別な理由がない限り、確実に返戻になります。

処方日数制限がある医薬品について一覧にしてまとめました。

【2021年度版 処方日数上限解除一覧】 処方日数上限が解除される新医薬品をまとめてみた

処方日数の上限が解除される新医薬品をまとめました。

新医薬品は、思ってもみない副作用が出る恐れがあるので処方日数の制限があります。

この日数制限は、薬価基準収載の翌月の初日から1年間です。

薬価収載品は年4回行われるので、どの新薬がいつ薬価収載され、いつから処方日数が解除されるのか注意しなければなりません。

【一包化加算料金一覧表】 薬の一包化加算の料金についてまとめてみた

一包化加算の料金についてまとめました。

一包化する為には医師の指示がないと基本はできません。

保険適用で一包化するには更に一包化加算の基準を満たさなければなりません。

患者さんが一包化するにあたって気になるのが料金です。

日数によっても違ってきます。

一包化加算の料金について一覧にし、説明します。

【指定難病一覧】聞いたことない病名… 指定難病について一覧にしてまとめてみた

指定難病について一覧にしてみました。

難病とは「原因不明、治療方針未確定であり、かつ、後遺症を残すおそれが少なくない疾病、経過が慢性にわたり、単に経済的な問題のみならず、介護等に等しく人手を要するために家族の負担が重く、また精神的にも負担の大きい疾病」と定義されています。

指定難病は難病よりさらに条件が厳しくなります。

【ショートカットキー一覧】無駄なクリックをなくそう! 基本的なショートカットキーについて

基本的なショートカットキーについてです。

近年、パソコンは仕事には必須のアイテムになりました。

パソコンがなければ仕事になりません。

薬局でもレセコン、電子薬歴などパソコンで作業することが多く、うまく使うことができないと仕事の効率が物凄く悪いです。

この記事では基本的なショートカットキーについて紹介していきます。

【剤形一覧】こんなにも種類があるの!? 剤形について一覧にしてまとめてみた

剤形を一覧にしてまとめました。

剤形とは、加工が施されている薬の形のことです。

剤形によって、同じ成分の薬でも効き方が変わってきます。

錠剤だけでも5種類もの剤形があります。

患者さんが飲みやすいようなOD錠は有名ですね。

剤形によって、効果が出始めるまでの時間や副作用の発症率なども違ってきます。

【処方箋・略語一覧】v.d.S.? v.d.E.? 処方箋の略語を一覧にしてまとめてみた

処方箋の略語について一覧にしてまとめました。

最近は手書きの処方箋が少なくなってきましたが、いまだに存在します。

古い病院、昔の先生ほど手書き処方箋の割合が多くなってきます。

略語は知っていないとレセコンに入力することができません。

この記事では処方箋の略語について説明します。

【生薬一覧】あんなものが使われてる? 生薬の効能・効果について一覧にしてまとめてみた

生薬の効能・効果についての記事です。

生薬は漢方の原料です。

生薬一つ一つに効能・効果があり、生薬を組み合わせることで漢方が作られます。

漢方はどのような疾患に使われるかは添付文書を見ればすぐにわかりますが、生薬単体の効能・効果に関してはあまり詳しくない人が多いのではないでしょうか?

生薬の効能・効果を一覧にしました。

偽アルドステロン症に注意! 甘草が含まれている漢方をまとめてみた

甘草が含まれている漢方についての記事です。

ご存じの通り、漢方では特に注意しなければならない生薬です。

漢方は安全で副作用が出にくいというイメージがありますが、甘草には注意しなければなりません。

よく言われるのが偽アルドステロン症です。

今回は偽アルドステロン症と甘草が含まれている漢方について説明していきます。

【要注意!】ツムラ漢方の一包が2.5gではないものについてまとめてみた

ツムラ漢方の一包が2.5gではないものについてまとめました。

ツムラの漢方の分包品は138番まであります。

ほとんどが2.5gです。2.5gのものは117種類あります。

しかし、中には一包が2.5gではないものがあり、過誤の原因となっています。

ツムラ漢方の一包が2.5gではないものは全部で11種類あります。

【漢方一覧】あの漢方は何番? ツムラ漢方の番号順・五十音順一覧

ツムラ漢方の番号順・五十音についてです。

ツムラの漢方には番号がついています。

番号で覚えている人も多いでしょう。

レセコン入力の際にも漢方の番号を覚えている方が速く打てるので、覚えるに越したことはありません。

100種類以上あるのですべて覚えるのは至難の業ですが、よく出る漢方だけでも覚えておきましょう。

2021年(令和3年)5月1日より長期投与が可能な薬を一覧にしてみた

2021年5月1日より長期投与が可能な薬を一覧にしてまとめてみました。

薬価収載後、1年が経過するまでは14日分までしか処方することができません。

1年が経過すると投与日数の制限が解除され、他の薬と同様に長期で処方することが可能です。

デエビゴ、コレクチムなどが長期投与可能になります。

【毒薬一覧】取扱・保管に要注意!! 毒薬を一覧にしてまとめてみた

毒薬を一覧にしてまとめました。

毒薬は使い方を誤ると大事故になる恐れがある薬です。

毒薬はそんなに数は多くありません。

「何か抜けてる」、「新しい薬が発売された」というような情報がありましたら教えてください。

ドラッグストアの調剤では主に内服薬を扱う機会が多いので、最後に内服薬の解説を簡単にまとめます。

知らなければ過誤確定! 1シートが10錠ではない薬について徹底解説

1シートが10錠ではない薬についての説明です。

ほとんどの薬が1シート10錠で作られています。

中には6錠、8錠シートなどもあり、ほとんどの人が1シート10錠という固定観念を持っている為、たまに1シート10錠以外の薬をピッキングする時に高確率で過誤をします。

知識がないと過誤に繋がります。

[2021年度版] オーソライズド・ジェネリック(AG)一覧

2021年度版、オーソライズド・ジェネリック(AG)の一覧です。

AGは「許諾を受けたジェネリック医薬品」という意味です。

ジェネリックのメーカーがたくさんあり、どのメーカーがAGなのかわかりにくいので、一覧にしてまとめました。

発売未定のものもあるので随時確認していきます。

【前立腺肥大症薬一覧】前立腺肥大症の治療薬の使い分けについて徹底解説

前立腺肥大症の治療薬の使い分けについてです。

治療薬は大きく分けて4つに分けられます。

α1受容体遮断薬、ホルモン系薬、非ホルモン系薬、5-PDE(ホスホジエステラーゼ)阻害薬。以上の4つです。

第一選択薬はα1受容体遮断薬です。

この記事では第一選択薬であるα1受容体遮断薬を中心に、同種同効薬の違いについて説明します。

【ステロイド一覧】強さとランクが違う? ステロイドの種類について徹底解説

ステロイドの種類についての記事です。

ステロイドにはアレルギーなどの過剰な免疫反応を抑える効果もありますが、不適切な使い方をすると副作用が出ることもあります。

ステロイドには強さに応じて5種類の強さがあります。

病院でしか手に入らないもの、OTC(市販薬)で代用できるものもあります。

今回はステロイドの種類について説明します。

【ゴーストピル一覧】便と一緒に薬が出てしまった… ゴーストピルについて徹底解説

ゴーストピルについての説明です。

薬を飲んだ際に、便の中に錠剤や顆粒の抜け殻が一緒に出てくることがあります。

これはゴーストピルまたはゴーストタブレットと呼ばれています。

ゴーストピルは一部の徐放性製剤で見られる現象で、薬の有効成分はほとんど吸収されています。

薬の抜け殻が便に出てきているだけであり、効果に問題はありません。

【切迫流産・早産治療薬一覧】 ウテメリン・ズファジラン・ダクチルの違いについて徹底解説

切迫流産・早産治療薬の使い分けについてです。

切迫流産・早産治療薬の代表的なものはウテメリン、ズファジラン、ダクチルの3種類があります。

いずれも同じ用途で使われますが、ある条件で使い分けがされます。

その条件を知らなければ、禁忌に該当するものもあり、とても危険です。ウテメリン、ズファジラン、ダクチルについての説明です。

 

Posted by Mr.T